朱川湊人の本

スズメの事ム所 駆け出し探偵と下町の怪人たち

スズメの事ム所 駆け出し探偵と下町の怪人たち 朱川湊人

6話からなる連作短編集 東京で働く黒葛原涼が 静岡に住む作家である父親からお土産を頼まれて買いに行った荒川区町良に のちに住むことになって いろんな人と出会い うやむやのまま探偵の真似事をする羽目になる話 持ち込まれる相談事を解決するたびに 知り合いが増えていき いつの間にか自分の周りには人が集まるようになった涼 なんだか傍から見てると楽しそう 最終話のB・Bの正体ははっきりと断言してないけど多分当たりなんだろうな

花まんま

花まんま 朱川湊人

昭和30年頃の日本は、手が届きそうで届かない菓子箱みたいだ。何もかもが雑多で、いい事も悪い事も一緒に起こった。 明確にオチがある訳でもないところに、「語り」のリアルさがある。 大阪が舞台で怪異短編集にすると、なんだか趣が感じられるのは何故だろう。大阪弁が滑稽や哀しみを醸し出すのかな?関西人はセリフの機微を余す事なく読み取ることが出来るんだろうな。羨ましい。

赤々煉恋

赤々煉恋 朱川湊人

表紙もしくはタイトルで買った方、十中八九で内容とのギャップに驚愕したと思う。 歪んでいて、倫理観、常識外れで身を引いてしまう程の愛の形に、悪意のない強いエネルギーを感じる。 負や毒素漬けではなく、ほんの僅かな純粋な気持ちと真っ直ぐな愛が奥に潜んでいる。 両極端な2つのエネルギーに翻弄されてみるのも楽しいものです。

わくらば追慕抄

わくらば追慕抄 朱川湊人

わくらば日記の続編。特殊な能力を持つが故に壊れそうになる心。 静かに進むストーリーは胸が痛むけれど希望が待っていてほしいと願いながら読んだ。

67312a8c 3de3 4d57 a37d 9b214dec951fAkiaivjyeuyp25rambwa
満月ケチャップライス

満月ケチャップライス 朱川湊人

もっとホンワカした感じの話かなあと思っていたら、あんな事件やこんな事件、怖い人や、あの宗教団体の事件と思われるものが出てきたり、ドキドキハラハラする展開。でも基本は家族の話なのです。不必要にエグくもなく、無駄に甘ったるいわけでもなく、そういう意味ではちょうどいいのかも。 楽しく料理をして、家でご飯を食べたくなります。満月ケチャップライス、作ってみたい。

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44569e3f6c 3495 43d7 877b e2cedec23da4
かたみ歌

かたみ歌 朱川湊人

昭和40年代の商店街を舞台にした7編の連作短編集。 懐かしく温かい昭和の町が生き生きと描かれる中にふと垣間見える切なくて物悲しい物語。 携帯電話もインターネットも無かった時代のゆったりとした時間の流れが人の悲しみをそっと包み込んで、最後にほんのりとした温もりを感じる怪異譚です。

67312a8c 3de3 4d57 a37d 9b214dec951fDa064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d87225a567 edb7 4fa9 92d0 7b10908e4888D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd02048102d1e8bcb 860c 4a49 b1d8 ea9deb2a3c9d 12
太陽の村

太陽の村 朱川湊人

『昔は良かった‥』を、再現した村での暮らし。予想もしない驚きの結末‼️

私の幽霊 ニーチェ女史の常識外事件簿

私の幽霊 ニーチェ女史の常識外事件簿 朱川湊人

6話からなる連作短編集 主人公と怪しき博物学者と人間豹と言われる女性とともに超常現象の謎を解き明かす話 「この世の中は今も未知の存在に満ちていて 人間の知っていることなんか 広い世界のほんの一部に過ぎない」という台詞に 頷ける自分がいました

本からはじまる物語

本からはじまる物語 恩田陸

有栖川有栖先生のとこしか読んでないけど、『注文の多い料理店』がベースになってて、でも独自で、いつもの作家アリスシリーズとは違う面白さがありました。

3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8719cbce4 3f1a 4f38 af15 b926f3bbad39
花まんま

花まんま 朱川湊人

怪談小説じゃないのに、淡々とした語り口が怖さをも感じさせます。「世にも奇妙な物語」っていうテレビ番組を観た時の感覚が一番近いかな。私も昭和生まれだけれど若干世代が違うせいなのか、沢山の書評で言われるようなノスタルジーは感じられませんでした。残念。その代わりに、怖かったなあ。

67312a8c 3de3 4d57 a37d 9b214dec951fDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eA60b29b3 e075 4eed aa83 c66d3504b3bcEf861b1a a3b8 4ad3 9303 1426eb76443d151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Akiaivjyeuyp25rambwa
わくらば日記

わくらば日記 朱川湊人

特殊な能力を持つ少女とその姉。話は面白いのだけど、せつなくて少し怖くてなんとなく悲しくなってしまう。

0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b67312a8c 3de3 4d57 a37d 9b214dec951fEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a0922f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783Akiaivjyeuyp25rambwa625b322c 17ce 49c0 aabc e767c856a292