村上春樹の本

村上春樹 翻訳全仕事

村上春樹 翻訳全仕事 村上春樹

装丁のカラー写真も豊富に、著者の翻訳仕事がざっと展望できる。 柴田元幸との対談も充実。二人の翻訳の姿勢の違いが面白い。この二人が話すと翻訳というのがどういうことなのか分かりやすい。 別に春樹ファンでなくとも関係なく読める。 翻訳スキルを高めたい人はもちろん、翻訳をよく知らない人にも面白いのでは。 硬くなく読みやすい。

0389fd94 457d 45fb 9b5b c974568b150f6c85bf1c 3d04 4ea3 9f3b cb6c0d54ed4980c9af28 2457 4c13 b006 8462e2d6f6932a83b852 93a3 4740 ac6c a4f492707a4b00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f92008634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c23e0380d 9551 45a0 b173 7db3903d7fa0 11
騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編 村上春樹

小説を読むということが「読者が想像し連想する一連の作業」だとするなら、それは期待に見合う時間を過ごせると思う。しっかり手懐けられたライオンとそれを囲う檻。 物語の流れを理解するのは簡単、だが作品全体としての暗喩を理解するのは易しくない。実際、あまりわからなかった。しかし人それぞれ感じる事と思う事は違っていて当然。 「川」と聞いて思い浮かべる川は人それぞれ、太さ、速さ、色、景色どれも違うのだから

Ce33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e633bce1cfc b9a0 4efa 8d09 a4ed17561955535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb2b0f55be 9aeb 4c07 b382 4b5f01630870151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241A481e253 310a 4904 89f1 3afdf1a4b0f6Picture 94
バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック〈2〉

バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック〈2〉 村上春樹

昔から好きな作家だし訳者だし、ほぼ全部読んでるはずだし再読するか、と思って手にとってみたらこれが未読の〜正確にいうと短編5編のうちいくつかが読んだ記憶のないもの〜作品集でなんか得した気分。短編と訳者である春樹さんのエッセイ、それに作者の「再発見」に貢献した文芸評論家の序文が収められている。「不躾なくらいに気前よく才能を撒き散らす作家」と訳者が言うとおり今読んでも古さを感じない作品ばかり。特にタイトル作は何度読んでも味わい深く素晴らしい。

〆切本

〆切本 夏目漱石

これはかなり面白かった。タイトル通り文豪をはじめあらゆる作家の〆切を守れなかった言い訳や愚痴ばかりを集めた本。 こういうのが何故面白いのか分からないけどさすが名だたる作家達で言い訳や愚痴も見事に読ませる。なんとなく〆切をきちんと守る人、と勝手に思ってたのは三島由紀夫、池波正太郎、村上春樹でそれはやはりそのとおりだった。彼らを除くほとんどの作家は〆切を守れないのでは、と思ったくらい(笑)これはかなりおすすめの面白さでした。

28b017e3 a31e 46a9 ad37 7a06ac0cfa7c454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb901683d5b1 7d4d 4689 a7cc c83ec99cde4938aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f986988eef93e a686 436e a004 0e3648fcbe221525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 30
風の歌を聴け

風の歌を聴け 村上春樹

久々に村上春樹さんの本を手に取ったのは、ちひろ美術館での村上春樹とイラストレーター展を見たから。 するすると数時間で読んだ。 村上さんの小説を読むたびに、この雰囲気を翻訳でなく、日本語で読めることが嬉しいと思える。 パチン……OFF

640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff87aad2ed 3714 49bb a30a efd3df7dc857772c80bb 38db 46d3 9cdd 83dcd0ebcdab
バースデイ・ガール

バースデイ・ガール 村上春樹

二十歳の誕生日にアルバイトをしているお店のオーナーから ひとつだけ願いを叶えてあげると言われた主人公 その願いは 本文ではあかされなかったが 時間のかかる願い事らしい ひとつだけの願いって難しい 煩悩だらけの自分には 決められないかも

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2412c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267
MONKEY vol.12 翻訳は嫌い?

MONKEY vol.12 翻訳は嫌い? 柴田元幸

特集「翻訳は嫌い?」に惹かれて購入。外文が好物なので。 巻頭の「日本翻訳史 明治篇」では、坪内逍遙や二葉亭四迷らが、西洋文学の翻訳を通して、新しい日本語(今私たちが読み書きしている日本語)を生み出していった歴史が述べられており、大変興味深く読みました。 「翻訳講座 村上春樹+柴田元幸」は、原文とお二人の訳文を比較しながら、良い翻訳とは何かについて論じています。私は柴田氏の翻訳が選書も含めて大好きなのですが、正確さよりも物語の雰囲気を重視した村上春樹の翻訳も読みやすくていいものだなあ、と思いました。

みみずくは黄昏に飛びたつ

みみずくは黄昏に飛びたつ 川上未映子

村上春樹=文体というのが、インタビューを通じて、改めて分かる。一方で、女性の描き方とか評論に関する話など明快な回答が出て来ないトピックもある。川上さんが鋭い質問をバシバシした結果、村上春樹の見えなかった部分が浮かぶ。

Ooebgixj normalPicture869b54d6 cea8 4909 93fe f03ad4880aba9b18d833 ff64 4461 98e0 418d0b78ed2aC6babf18 4a1d 4470 91fe 0ebd639a94d04cd34aaa db30 4078 bc97 2d8215ded44dDbea8975 e92c 4a59 8a07 cbd61456d181 26
騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編 村上春樹

ファン作成の「村上春樹風カップ焼きそばの作り方」を読み、久しぶりに読みたくなり拝読。いつもの独特の世界観を喜びながら読んだが、これは完璧な小説ではない。そう、「完璧な絶望が存在しないように」(村上春樹風カップ焼きそばの作り方)

F614cf0e a0c4 4301 915f eeea2cb2840b3bce1cfc b9a0 4efa 8d09 a4ed17561955535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb298d8ec4 cdf8 4a9c a1ce 87ea3679bd452b0f55be 9aeb 4c07 b382 4b5f01630870151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Picture 118
猫なんて!

猫なんて! 角田光代

総勢47名の作家による猫話 猫との距離感、間合いがそれぞれでおもしろい 犬派ですが、猫もいいなあ… なんて笑

E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f4475657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b0147227c53 989e 4989 b044 f7d7c4e9f4225ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fBde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c347a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf
職業としての小説家

職業としての小説家 村上春樹

村上春樹の作品、実はほとんど読んでいません。(^^;;が、この本は良かった!村上春樹が語る「村上春樹」。共感というか、「繋がる」という感じ。ご本人の受け売りですが。(^^;;小説、毛嫌いしてましたが、読んでみようと思います。

9b18d833 ff64 4461 98e0 418d0b78ed2aF157a395 dd8e 4942 a829 47ec55fc798b19de2fed 9472 4fce 90e4 1ed9e7ed3b736a5814fa d45f 468d 8be0 ebcf09a42343705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5978de57a e126 48d8 bc1a 2bb77b5765cd80c9af28 2457 4c13 b006 8462e2d6f693 28
ねむり

ねむり 村上春樹

「眠り」に新たに村上春樹が加筆した「ねむり」。夫、子と何不自由なく暮らしていた主婦の女性。ある日突然全く眠れなくなって…。 切れ味するどくなった印象。余韻あり。

夜はやさし

夜はやさし F・スコット・フィッツジェラルド

「グレート・ギャッツビー」と並ぶフィッツジェラルドの長篇作。若い資産家で、ヨーロッパ各地を転々とする精神科医とその妻の暮らし、華やかながら暗い予感の差した男女の運命が書かれる。リヴィエラ、パリ、チューリッヒなどの街を移り住む、富裕階層ながらあてどないアメリカ人の遍歴の物語。

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa4
バースデイ・ストーリーズ

バースデイ・ストーリーズ レイモンド・カーヴァー

なぜ買ったか分からないが、10年以上前に買って、積読されてた本を今更読了。 相変わらず辛い。 切り口は面白いと思うが、 この人ホント、邦訳で選ぶ作品もおんなじ感じ。 というか、日本語おかしくないか?という邦訳がちょくちょくある気が…。 ただ、 レイモンド・カーヴァーの『風呂』は中々面白かった。 意識不明の息子を病院で待つ両親が、家に帰って風呂に入ると…というちょっと仕掛けが面白い。 レイモンド・カーヴァー自身は編集者によって短編にされたことが気に食わなくて、もう一度出し直したらしいが。 あと、村上春樹自身の『バースディ・ガール』は既視感あるがちょっと好きかも。 (その前に日本語とは思えない文章をよまされまくってたからかもしれんが…) 誕生日にもかかわらず、バイトのシフトに入ることとなった20歳の女の子に起こったちょっぴり不思議なステキな話。

Picture4f0ea177 743f 4ed5 8718 2763ce43fdaeB22ddaff 562a 4442 b7a8 c5619599ec62