村上春樹の本

61kixwxnpll

装丁のカラー写真も豊富に、著者の翻訳仕事がざっと展望できる。 柴田元幸との対談も充実。二人の翻訳の姿勢の違いが面白い。この二人が話すと翻訳というのがどういうことなのか分かりやすい。 別に春樹ファンでなくとも関係なく読める。 翻訳スキルを高めたい人はもちろん、翻訳をよく知らない人にも面白いのでは。 硬くなく読みやすい。

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f92008634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c23e0380d 9551 45a0 b173 7db3903d7fa0Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee11352b923 108e 40f4 b13a 3401554d0497Fde97e63 084b 420f 83e6 70a12951ba1b
51dvgae6ftl

少し前の作品の雰囲気を感じつつ、読み終わったあとに今まで味わった事のないような気持ちになりました。 今までは物語に共感の様なものを受け取ってその空気に居心地の良さを感じていましたが、今作は作者に具体的に個人的に励まされた気持ちになり、不意を突かれたようでなんだか泣けてきました。

Fde97e63 084b 420f 83e6 70a12951ba1bF3143f54 537d 40eb afda 6015c83d8d86Fa1c9161 7df5 436b a6c6 a82075dd37943bf4db9a 7533 4c1c 8782 8c0734cfc662Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd7d39bca3 0899 4b2b bac7 f4ebfb2e29db55835a67 3b1f 41cf bd64 5485196d434c 54
517a2czxb2l

5つの短編と村上春樹のエッセイが収められた一冊。どの作品も、悲哀や絶望の中に、はっとするような美しさや微かな救いのようなものがある。各話ごとに短い解説があり、その作品が書かれた背景や村上春樹の個人的な思い入れが窺い知れて面白い。

41qpk2rjrll

団長を読み終わった後に読むと、物語をまた振り返れるような気分になる。 男性達はどうしてこんなにも…と男の物語を感じる。 /夢というのは必要に応じて貸し借りできるものなんだよ、きっと。

B8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335eF67b4b59 28d8 4095 aadc 201df9e1b21c3e5b6e4a faa3 40f0 bd2a a28d9e6cf60eB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849Df326c5e 03bb 4c26 b8f2 454d24072126412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f48e3de5c8 1857 4de6 8ffc d32e35052b35 28
41t66ybbq8l

これはかなり面白かった。タイトル通り文豪をはじめあらゆる作家の〆切を守れなかった言い訳や愚痴ばかりを集めた本。 こういうのが何故面白いのか分からないけどさすが名だたる作家達で言い訳や愚痴も見事に読ませる。なんとなく〆切をきちんと守る人、と勝手に思ってたのは三島由紀夫、池波正太郎、村上春樹でそれはやはりそのとおりだった。彼らを除くほとんどの作家は〆切を守れないのでは、と思ったくらい(笑)これはかなりおすすめの面白さでした。

1683d5b1 7d4d 4689 a7cc c83ec99cde49B70818be 5909 42e6 9fd9 26a1e5f7b9398f4d391f 24ce 46f0 a579 cb89f81d8205378a0487 78c3 4937 b024 35e32725171f8210e25f d30f 4927 97af a6cd3a0c31e83e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b3a01e815 96e8 4da4 8644 775919edcf51 27
51j2qie5xbl

久々に村上春樹さんの本を手に取ったのは、ちひろ美術館での村上春樹とイラストレーター展を見たから。 するすると数時間で読んだ。 村上さんの小説を読むたびに、この雰囲気を翻訳でなく、日本語で読めることが嬉しいと思える。 パチン……OFF

51gzbvmabql

やはり村上春樹は短編がよいと思う。村上春樹復習中。

Fa6ff24a ba10 4987 927f 6aca724d7a197edee7be 7eac 4c52 9f31 bb42fc4518d5
213hsy svrl

グレイス・ペイリーの短編から村上春樹のインタビューというのが読みたくて

5124w0y2rpl

JAZZ好きの村上春樹さんが、26人のミュージシャンにエッセイを添えている。 JAZZを流して酒と一緒に眺めてるだけで、自宅がホテルのバーに変わるようだ。

41xeebx6avl

普段一度読んだ本はあまり読み返さないけれど、久しぶりに壮大で重い村上作品を読みたくなって再読。村上春樹で育ってきて、一時期は他の作家の本は読みたくない全て霞む、と呪われていたような時期もありました。比喩が最高に上手いよなあ。メイの「うめうめたけまつたけうめ」に笑った。

41egu7zq92l

今号から定期購読。いい雑誌です。読み応えがあって面白い。たまに持ち歩いて短編を選んで読んでいる。

Bc64dc7e a21a 409a aa7d 51e205f2145600036308 68e1 4d20 8431 4933bd646510A647f3dd 8b9f 4d2b 94c5 18422f36d8547c5e9ed4 1cb4 4d41 847b 96150bfc70fb47297276 88e3 4961 b966 055680306f4b78c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed8cca28e7 3536 41a1 a9f0 8621131a7ae6 11
51zgu hzrkl

村上春樹の新作は基本読むようにしてます。相変わらず比喩表現力がキレッキレで、「暗闇が手でそのまま掴めちゃえそうなくらい真っ暗」とか肖像画家に対して「鏡で見る自分はただの物理的な反射に過ぎない」←今回のポイントかも 他にも妻を月に例えて当たり前にある(いる)ものと思っちゃいけない、月がどうしてそこにいてくれるか考えなければないとか奥が深い。。 物語は主人公の肖像画家の離婚話から騎士団長殺しという絵と謎の人物免色と出会い、そこから不思議な出来事に関わって行く話に発展していきます。美術、特に絵が好きな人にはたまらない内容であることは間違いないでしょう。もちろん絵には興味ない人でも楽しめる内容になってます。

F3143f54 537d 40eb afda 6015c83d8d861352b923 108e 40f4 b13a 3401554d0497Fa1c9161 7df5 436b a6c6 a82075dd37947d39bca3 0899 4b2b bac7 f4ebfb2e29db842ddbda 401c 438a ab02 eac060e27fd4E640ef27 2ca5 4174 bc91 ca42c20e90910ea2ad07 0992 4453 b4c3 ea0a1858c7a0 59
517ncge%2bsvl

総勢47名の作家による猫話 猫との距離感、間合いがそれぞれでおもしろい 犬派ですが、猫もいいなあ… なんて笑

E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f4475657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b0147227c53 989e 4989 b044 f7d7c4e9f4225ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fBde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c347a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf
41oybner4pl

ただただ、この文章をずっと読んでいたくなるような、読む快楽に満ちているエッセイ。 その意味では『1Q84』にも似ている。 村上春樹はなんだかすごい極致にいるような気がしてくる一冊です。

0a3eccbe 9a46 45dc 943f 1c8bc41edf51F23507d4 4c44 4905 bd44 14be90bf168429a73cab eec7 4079 8585 8629975fcd023e5b6e4a faa3 40f0 bd2a a28d9e6cf60e1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb4656628d4e 21aa 47eb 9e5a dddc3e230967 18
412swyiwb5l

「眠り」に新たに村上春樹が加筆した「ねむり」。夫、子と何不自由なく暮らしていた主婦の女性。ある日突然全く眠れなくなって…。 切れ味するどくなった印象。余韻あり。

41zdafr0nbl

「グレート・ギャッツビー」と並ぶフィッツジェラルドの長篇作。若い資産家で、ヨーロッパ各地を転々とする精神科医とその妻の暮らし、華やかながら暗い予感の差した男女の運命が書かれる。リヴィエラ、パリ、チューリッヒなどの街を移り住む、富裕階層ながらあてどないアメリカ人の遍歴の物語。

41ht12zg1rl

誕生日を題にとった短編集。こういう括り短編集って面白いなあ。

51wudi 4v7l

『海辺のカフカ』以降、村上春樹の作品にあんまりピンと来なくなったけど、エッセイは相変わらず面白い。休日の昼に淡々と読むには、打ってつけでした。

8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7faE4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f4456c8022c 9791 473b 9cbc f021e3f0a16fBbb39884 bff1 42f3 b207 c4b411623b37
417hvw5b7tl

解題を読んで、元々第3部鳥刺し男編は書かれる予定がなかったことを初めて知った。メイのくだけた手紙が挟まることで気が休まったし、好感が持てるキャラクターだったな。読後感ずっしり。

41nvhq122rl

この人の書く文章が好きだな〜 くだらないことも、大切なこともたっぷり入っていて、この人みたいにいろいろな小さなことに気づいて考える生き方をしたいなって思った。