村山由佳の本

燃える波

燃える波 村山由佳

非常識な人にとっては自分の言っていることは正しいと思っているから非常識さがわからない 育った環境や遺伝が人間形成の大部分を占めるからか 非常識な親を持つ子は 親を見て育つからそれが当たり前だと思って 子も非常識な人になるような気がする この親にしてこの子ありとはよくいったもんだ 帆奈美の旦那も自分が浮気して 浮気じゃなくて本気だと言っておきながら往生際が悪いったら 浮気するなら離婚覚悟でやれ

5057a02b e42a 49a2 86b2 f2c209bcccd5147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241
風は西から

風は西から 村山由佳

ブラック企業に勤めてしまったばかりに追い詰められ過労自死してしまった恋人の両親とともに企業と闘う主人公 死ぬぐらいなら会社なんてやめてしまえばいいのにと思っていたが 責任感の強い人ほどやめられなくて頑張ってしまうのだろう ブラック企業の経営陣の人たちも 会社があるから人がいるんじゃなくて 人がいるから会社が成り立つんだということに少しでも気付いてほしい 誰も彼も辞めてしまったら 会社として成り立たないのにね

D4dc49de 289d 4364 9d46 b2bde4005b3fIcon user placeholder24a40ddd fe3b 4a69 84ad 011f9f2c283c5057a02b e42a 49a2 86b2 f2c209bcccd5Icon user placeholder11a85ecf 2cb9 4388 a102 0db4a3efd7d05aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be 18
〆切本2

〆切本2 森鷗外

作家の〆切と家族との係わりなど、前回とはまた違った切り口で面白かったです。子母澤寛の文章に猿出てくるの、なんかの比喩かと思ったらほんとに猿飼ってた

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feIcon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a69607acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d65891d9ec1ac 5b2a 468a a812 e13c9dc1682794d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a308634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 10
ありふれた愛じゃない

ありふれた愛じゃない 村山由佳

村山由佳の描く外国の景色って相変わらず魅力的だなあと再確認。旅行記のように行きたいと思わせる文章ではないけれど、生々しくてエネルギーがあるし、リアルな感情と創作の舞台を繋ぐ役割を果たしている感じ。『遥かなる水の音』の対談で触れていた通り圧倒的経験の力。主人公の友達の言葉に名言が多い!

Dfbd1143 4c06 47d5 b974 471791c7d8c057a387f9 a406 4d2b b248 2e748f21506eIcon user placeholder095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724
La Vie en Rose ラヴィアンローズ

La Vie en Rose ラヴィアンローズ 村山由佳

外の世界の男によって夫の呪縛から逃れ、もはや新しい男も必要としなくなる。そんなストーリー。 村山由佳の官能的な文章は好きで、ダブルファンタジーや花酔ひ、アダルトエデュケーションなども読んだ。 ただこの本はなんていうか… 世間にはこんな絵に描いたようなモラハラ夫も実際いるんだろうけど、私世代の感覚からしたらあまり現実味がない。 ここまでされて我慢しないでしょ普通。って感覚。 もう少し上の世代なら共感できる物語なのかもしれない。

ミルク・アンド・ハニー

ミルク・アンド・ハニー 村山由佳

「ダブル・ファンタジー」続編 主人公の高遠奈津の2番目の旦那の大林は 仕事もせず家事もやらず 奈津の稼ぎを食い潰すヒモ男 せめて家事をするとかお金をあまり使わないとかならまだ救いもあるんだけど プライドばかり高くて 自分は浮気をするけど妻はダメという男 借金だらけにしておきながら 離婚の時にお金をくれとか どの口が言うって感じ ほんとにもう大っ嫌いなタイプ 最初の旦那もどうかと思うけど でも苦労した分 幸せが舞い込んできたと思えば救われるか

9922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f422461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f18741f3c4 ed02 4723 8919 fc4b64c2fa7cIcon user placeholder4d05909f 8525 4932 9825 728a0e387132F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0Icon user placeholder 11
嘘 Love Lies

嘘 Love Lies 村山由佳

中学2年で仲良くなった秀俊、美月、亮介、陽菜乃の4人 中学生では抱えきれない事件のために 生涯拭えぬ過ちと心の傷を負ったまま それぞれの人生を歩んでいた あの事件がなければ 違った未来になっていたかもしれない 九十九や近藤といったヤクザが絡んでいくが 人間関係は最初から想像できて すんなりと行動理由がわかります

3e88720e d236 475d 8a78 812bc1db5fe3E0035cdf d0df 4ace b7a7 15c2320e0e859922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f4Icon user placeholder151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241
La Vie en Rose ラヴィアンローズ

La Vie en Rose ラヴィアンローズ 村山由佳

旦那からモラハラを受けていて 何をするにも旦那の許可を取らないといけない主人公の自由のない生活 それでも幸せなんだと思いこんでた 「歳下の男」と出会うまでは この旦那さん めっちゃ嫌い なんか 自分が全て正しくて 奥さんのやる事なすこと全て自分の思い通りにならないと気がすまないところが異常

ワンダフル・ワールド

ワンダフル・ワールド 村山由佳

5つの短編集 カメラマンとの恋、昔別れた人との恋、お客さんとの恋、人間ではないかもしれない人との恋など 恋愛にまつわる話

ありふれた愛じゃない

ありふれた愛じゃない 村山由佳

10年前に別れた恋人と タヒチで再会 周りの誰を傷付けても 最後には自分の気持ちに 正直になって幸せをつかむ話 タヒチに行きたくなっちゃいました

70823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58fE0035cdf d0df 4ace b7a7 15c2320e0e8512a525a9 2a7a 48c3 8710 ee37426c9da0151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241F30f3ed1 b229 49a3 965d 6c78dc576ac1
天翔る

天翔る 村山由佳

この本に描かれるのはエンデュランスという馬の競技。 過酷な競技だが、ひとりの少女の成長を中心に様々なドラマを絡めて描かれている。 自分がエンデュランスをやりきったかのような読み終えた後の爽快感は素晴らしい。 望み通りになることなんて、この世にほんのちょっとしかない。でもきっと、ほんのちょっとなら、ある。 がむしゃらでも泥くさくとも頑張ることは決してカッコ悪いことではないと思う。

F853463a aae2 4593 8565 a9e4cd677451E7b02377 24b8 4102 a5af b06d832915477b36a71a 4570 414b 9dd6 392fba4d86ef2e0862f7 6444 4109 b126 3125b8fb49a8
天使の梯子 Angel's Ladder

天使の梯子 Angel's Ladder 村山由佳

卵に続いて再読。こちらも全く覚えておらず新鮮な感じ気持ちで読めました。夏姫が救われる話。ぜひ卵とセットで読んでくださいな。

1c046575 9802 405d a2b9 6cab4f6a1e9dDbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e23b6bd81f b3fb 492d b24a 5ae11b34c7711c192d6e 61c6 42de 9918 6738857c92eaE0035cdf d0df 4ace b7a7 15c2320e0e85Dfbd1143 4c06 47d5 b974 471791c7d8c0Icon user placeholder 11