東野圭吾の本

沈黙のパレード

沈黙のパレード 東野圭吾

前作から数年が経過して、登場人物たちも立場が上がったりしていますが、基本的な立ち位置は変わらず。 今作は予想外の方向に話が展開し、湯川教授が解き明かすべき謎が何かという事すら分からなくなりそうな状態。しかし最後はキッチリと話がまとまります(少し不可解なところもありましたが)。 このシリーズ、まだまだ続けていただきたいですね。

B719567a 1d84 4d28 83f4 81c1e9725bb6E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0Bbb39884 bff1 42f3 b207 c4b411623b376aa18418 7ab4 4fb2 abf0 efe04d77b3fc64a6cc33 af57 4dea bcaf a3a10a26e5700b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd19Db837797 0a5c 462c a088 647b38b1cf61 58
マスカレード・ナイト

マスカレード・ナイト 東野圭吾

自分の気になった点 *ウエストサイドストーリーの挿入歌 「one hand,one heart」 *紙での衣類の作り方、紙布と紙衣 *滅相もございません→滅相もないことでございます 二重敬語 プールをご利用になられる場合は→プールをご利用になる場合は *ラブ・アフェア、情事 *時計の話 正確な時計→ギリギリまで自分のための時間を使おうとして、時間に遅れがち ずれている時計→間違っているかもしれない不安から、早めの行動を心がける *スキージャンプの話 スキージャンプでは、高く飛んでいるように見えるが実は、下に向かってジャンプしている。 "高いところに向かうだけがジャンプではない" *M バタフライ 戯曲、愛人として付き合った女性が実はスパイで、しかも男だった話。 *疑い 怪しんで怪しんで、最後に疑問が解けた時、人は一切疑わなくなる。

B719567a 1d84 4d28 83f4 81c1e9725bb6Cfbe46a2 0546 4a1d aea0 0888e9efbbcbD822530f 2e0d 4fb0 8ccd 12258c751f1238136d98 c94e 430d a53d f2f109280f1f91a858c5 c13e 4bbe a83c 7bef9de01713Icon user placeholderIcon user placeholder 100
ダイイング・アイ

ダイイング・アイ 東野圭吾

交通事故で死んでしまった女。その事故に関係している人達の話。東野圭吾さんの作品は、最終的は悲しいけど、どこかで納得出来るような結末。と、思ってましたが、これは違いました。 それはそれで面白かったんですけどね。読みやすいし、内容がスッと頭に入ってきます。

2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52E524c3c4 c31b 442b b205 216ab74917793e02af49 bbde 4dd1 8171 bc6325aff0625b7bf8af a562 41ac 9a73 a75603f776fc776e79d6 57d7 4aa5 b834 95f67ddaa5e868ef2dbe 58fe 45b7 b4d9 8bfadfb07c354f2ddffc 25a0 4193 9eb5 a27eb22a9f78 8
素敵な日本人 東野圭吾短編集

素敵な日本人 東野圭吾短編集 東野圭吾

東野圭吾さん、めずらしの短編集。短編集はいつも、好き嫌いで二分するけど、これは一通りにストーリーが頭に残っています。特に好きなのは「水晶の数珠」。短いストーリーだけどジ〜ンときました。

E7426315 6440 49a3 ba01 01595b29e392018b83c5 0668 4ed4 8ea9 38aff4a710bf08ecf281 896c 48f8 a7ae eb2c33e486fe424675cd 957e 4c65 ac25 967eb33e8f0bDf5b43b4 8197 4c44 80d9 eaf1fae8886725c6a28f 1d7f 438d ab66 be2bf4dd457511dd7d62 59be 4500 ad10 689b0e73e157 36
さいえんす?

さいえんす? 東野圭吾

タイトルはさいえんす?ですが、2004年のプロ野球の話だったり、書店の防犯タグの話だったり、面白いです。 最後の章も書店員にとっては嬉しい話になっています。おすすめです。

2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee526cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c1d4555a3 8306 42a5 8b7a 7bc2f35a68be
恋のゴンドラ

恋のゴンドラ 東野圭吾

雪山ものの番外編的な短編集です。レギュラーだったあの人も登場します。 今作はミステリではなく、適齢期な人達の恋愛ものです。まあ人の心が一番のミステリなのかもしれませんが。

5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38B65de108 66f2 4f6c 86cf 9d89c744f95d0eac19a0 55f3 4c5d 80a3 c8e242b8f3594e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f9922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f410807a3b 2146 4705 817c b6e294801fb3F94d5b5c da84 4a88 a858 4b76264525e6 24
危険なビーナス

危険なビーナス 東野圭吾

毎回楽しく読ませていただいています。 今回の主人公が珍しく俗っぽいのは、冒頭から違和感満載なのを誤魔化すためでしょうか? 最後は社会派ミステリのような感もありますが、やはり面白いです。

E8319e75 d2bd 4c56 994c c52b8e12988aB8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee57e191c5 a69d 4aaf b8a3 5625582531f14e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f9922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f4372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e98ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184 14
人魚の眠る家

人魚の眠る家 東野圭吾

圭吾さんの「変化」を思い出した。変化は脳移植で自分が自分でなくなった。自分は死んだも同じって主人公は悩んでたと思う。人の死は心臓が止まったら?脳の機能が停止したら? 前病院に勤めてたときにALSの患者さんは人工呼吸器をつけるか、つけないか、初期のうちに確認していた。本人の意志が優先されてた。 うちの子は年長だけど、そんな難しい話は本人は分からない。でも、いざ脳死になったら親としてドナーを選ぶと思う。 最後お父さんが「心臓が止まった時が死んだ時」って言って医師が「じゃあまだどこかで生きてる」って言った言葉が刺さった。

2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52B6426b38 e2bd 494a 9129 a110b99cf27dE524c3c4 c31b 442b b205 216ab7491779D069fd5e 2342 4e94 b499 6b5a66e6b30aEac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a633df5407 af27 4b67 a86a 9a8e0f1061fb8878da00 00f9 4f14 aaec eca7195cf316 91
虚ろな十字架

虚ろな十字架 東野圭吾

「死刑制度」「償い」がテーマ。(オウム真理教13人の実刑により考えてみようと…)お腹の奥底に重い石を投げ入れられた苦しい気分。考えれば考える程に答えが出ない。被害者も加害者も周りの人も、すべての人の些細な感情の動きを自分も持ち合わせている事に気づく。誰にもなり得る自分が怖い。

7d6738ca 1bcd 4f9c 8dff 7d9b6abf851aE2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec2eaf854e dead 4d03 9f2d be8016e5cf6a35934bab d113 451f ae9a 9af0f7411caf28e2f3bf e57d 401c a942 056bf1e01c6a686b99a1 b8c8 49dd 9a76 7526fd038ce4Icon user placeholder 36
十字屋敷のピエロ

十字屋敷のピエロ 東野圭吾

ぼくはピエロの人形だ。人形だから動けない。しゃべることもできない。殺人者は安心してぼくの前で凶行を繰り返す。もし、そのぼくが読者のあなたにだけ、目撃したことを語れるならば…しかもドンデン返しがあって真犯人がいる。前代未聞の仕掛けで推理読者に挑戦する気鋭の乱歩賞作家の新感覚ミステリー。

2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52E524c3c4 c31b 442b b205 216ab749177925e181a6 c00b 4e37 9584 6ec45682f616F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Fa1d4e69 319a 436e bec7 2d60ce37b8d7A9a02027 a076 40a9 8169 a19ebef08e883f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460b 14
おれは非情勤

おれは非情勤 東野圭吾

小学生向けの雑誌に連載された作品とのこと。なるほど、だから他の東野圭吾の作品よりも少し読みやすくひねりも少ないのですね。

2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52E9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5eB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f48817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991Icon user placeholder
雪煙チェイス

雪煙チェイス 東野圭吾

雪山もの3作目。前2作はゲレンデの特性を活かした設定でしたが、今作は雪山でなくてもいいような感じでした。 従来からの登場人物の関係にも決着がついたので、これでこのシリーズも終わりでしょうか。

28e2f3bf e57d 401c a942 056bf1e01c6a58dc9b1b 3998 4829 837c 0fa266dd6b6b59b5d0d7 efdb 4f49 85bd 375a1d54ba85F94d5b5c da84 4a88 a858 4b76264525e6C7ab8fdb a970 44b0 9fc0 c3793c6e85ebE344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed41a58a418 9404 4011 85da d661916a181f 27
祈りの幕が下りる時

祈りの幕が下りる時 東野圭吾

圧巻。 どんどん加賀が近づいてきているのが怖くてたまらなくなり、つい犯人目線で読み進めてしまう、、 東野作品は何読んでも、このぞわっと感がやめられなくて一夜で完読です。

B6426b38 e2bd 494a 9129 a110b99cf27d174a14ff e2d6 49d5 844e c84dc2ef03579886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00cC679b118 7132 4af8 91da 063ee59d462191a858c5 c13e 4bbe a83c 7bef9de0171303fd4326 7c50 4f97 bbe0 96f71f83b99dIcon user placeholder 75
虹を操る少年

虹を操る少年 東野圭吾

色彩感覚に超人的な能力を持つ少年が音楽ならぬ光楽を行い、人々に感動を与えるファンタジー。人々が発するオーラも読み取れ、何を考えているのかまで分かるという。言葉以外のコミュニケーションを取る人々が増えて、平和になるか?人の殻の先を読む。

2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52E524c3c4 c31b 442b b205 216ab7491779A9a02027 a076 40a9 8169 a19ebef08e886ad43702 cb02 47b4 89fd 60c9f90cef45C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991Adb1f5c4 93a1 4836 8c18 d32689802e04
魔球

魔球 東野圭吾

東野圭吾も初期はこんな感じか。伏線やらは面白いけど、動機はまぁあるだろうけど、スン。とは入ってこない。

2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee522bf87866 cf1e 4cd1 aa00 e52552d5734d7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127dA9a02027 a076 40a9 8169 a19ebef08e880539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee6ad43702 cb02 47b4 89fd 60c9f90cef45Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2 10