松浦寿輝の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書 マラルメ

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

9ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc652d3893ff 7bc4 4c12 af6d 249f655eb6daIcon user placeholder0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd197d65eb17 0d6a 4e37 9812 f1803c1fcc6680e02f84 921f 4faa be0d 64c6a3f8a453A19d8d4b d0bd 4c1a b273 5892799f2c2e 25
川の光2 - タミーを救え!

川の光2 - タミーを救え! 松浦寿輝

読売新聞で連載されたもの。実際の習性に基づいた動物たちの会話を読んでいると、ついつい止まらなくなってしまう。紙面で読んでいたら、毎日が楽しみだっただろうと思う。

そこでゆっくりと死んでいきたい気持をそそる場所

そこでゆっくりと死んでいきたい気持をそそる場所 松浦寿輝

「花腐し」で芥川賞を受賞された松浦寿輝氏の本に初めて出会う。装丁も挿画のフィリップ・モーリッツも、何より作品のタイトルもそそられる。ドストライクの男性に出逢えた気持ち。手に取り、静かな時間を過ごす贅沢。心豊かになられる本。

川の光

川の光 松浦寿輝

ねずみの兄弟のお話。物語の展開は飽きさせないし、少し命について考えてみた。