枡野浩一の本

石川くん

石川くん 枡野浩一

石川くんアハハ 石川くんうふふ 石川くん働けよ 石川くんだめんずネ と読み進むうちに 石川啄木くんは 南Q太(当時の嫁)なんだなと気付く。 「短歌を書かなければ死ぬ、という人以外短歌を始めないで下さい」 とカンタン短歌の連載に書いてた枡野さん。 真剣に生きてる枡野さんには 石川啄木や南Q太の生きたかは軽すぎたのかもね。 石川くんを通して嫁を見る枡野さんの 愛が前半分と、翻弄や葛藤が後ろ半分

13b86e4d b20b 462b ae6a 47244c581e77C017f974 2539 4a01 a5e5 77ca477904caB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca
てのりくじら―枡野浩一短歌集〈1〉

てのりくじら―枡野浩一短歌集〈1〉 枡野浩一

日常や人間関係のささいな引っかかりや、やるせなさを感じる歌が多くて、全体的に低空飛行なテンションの歌集ですが、 ときどき触れたら怪我しそうなほど尖った生命力の歌があって、おおっと思わさせられます。 お気に入りの2首。 〈無駄だろう?意味ないだろう?馬鹿だろう?今さらだろう?でもやるんだよ!〉 〈だれからも愛されないということの自由気ままを誇りつつ咲け〉

57cbc719 d2b1 446a 9ce0 d6442f06f481C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88221ec897 23ae 4a8b 91d7 2fe753e64ab2