柚木麻子の本

BUTTER

BUTTER 柚木麻子

自分が描きたかった女の人は、こんなに芳醇で肉厚で沈むような肌をしていたんだ。気付かされた。 趣味の菓子作りに自分が没頭する理由にも気づけた。 作中に出てくるカトルカールを作ってみた。どっしり重いバターと涼しいレモンピールの相性は良い。 書かれていないが卵をミキサーで泡になるまで混ぜることが、ふっくらするコツ。 女性であることに勇気を持てる本。

677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd669f23578 a4a8 47e4 9f5c 89219e32098f4bb0d6f4 8f25 4bb3 ae15 48abac5771fd0baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536aB8b732f1 46b1 402f b112 6bf1ea008e99F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac6ca21d87 1ebf 4609 b38f a4af10c58d7d 44
奥様はクレイジーフルーツ

奥様はクレイジーフルーツ 柚木麻子

知り合いの性事情をセキララに聞かされているみたいで恥ずかしい。基本的に、初美、大丈夫??と心配しちゃうくらい面白おかしい内容だけれど、夫の興味をひこうと甲斐甲斐しくがんばる初美を応援したくなってくる。

Icon user placeholderE91d09b3 2d05 4570 a069 ddc27730dbdfAa3cd999 f6cf 4df9 a226 df61b579a6de08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ec
BUTTER

BUTTER 柚木麻子

終始こってりバターに包まれつつも、最後は爽やかな風が吹き抜けた気がした。

D733f23d a590 45a3 bd46 6a87948e4dbbB17a9482 7484 4234 97ac 278f56a259f6Icon user placeholderIdkvy4bd normalIcon user placeholder9a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa35476Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b 93
伊藤くんA to E

伊藤くんA to E 柚木麻子

ここ何年かずっと、主にノンフィクションばかり読んでたのだけど、この作品がまた、優れたフィクションはリアルを超えるリアリティを持っていることを思い出させてくれた。

Bdf678d1 b551 41f9 ba52 3f22adb5775eA4bdce03 e148 4850 95f0 43343530606aAa3cd999 f6cf 4df9 a226 df61b579a6de29fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4fD66a4590 456e 4ee7 bbd7 d882394a24d1E1f82eb1 b3d0 4ca0 bb5b 97d04042b6f878c6a70a df69 4358 b413 6567a1e76cce 59
終点のあの子

終点のあの子 柚木麻子

憧れとか嫉妬とか劣等感とかそういうの、ギュッと詰め込んだ柚木麻子さんデビュー作。 お嬢様学校が舞台のちょっとほろ苦い短編4作。 自分自身の高校生活と重なる部分があって(ただし制服は可愛くない。笑)胸が痛くなったり。 朱里みたいな空気の読めない子に対する「見えない制裁」や「見えない壁」でなんとなくカテゴライズされたグループ分け…とかは女子校あるある、なのかな。

Aa3cd999 f6cf 4df9 a226 df61b579a6de08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ec9a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa3547678c6a70a df69 4358 b413 6567a1e76cce9ad259c3 7e0e 43d0 929d cccf5ace9f326efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376Bb440ec3 a573 4506 a756 48624d1122f0 15
私にふさわしいホテル

私にふさわしいホテル 柚木麻子

主人公の生き方がおもしろい!スポットライトが当たらないなら当たりにいくまで、みたいなセリフが文中にあったけど、まさに目的のためなら手段を選ばないアイディアの豊かさが読んでて楽しかった。あと、実在の作家とか賞をもじったものとかこれは作者自身のことなのでは?みたいなこととか出てくるから、現実とフィクションの混ざり具合も本当に小説!って感じで最高。ウジウジしちゃうときに読むと勇気もらえる気がする。

Aa3cd999 f6cf 4df9 a226 df61b579a6deF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aB424621d b1a3 42ee b89e 4d36e562c584Be2705bb 9ad5 4b79 9412 de0079a04aa311310b4e 3dbc 4131 9297 8cf1a8e7eccf 10
伊藤くん A to E

伊藤くん A to E 柚木麻子

ダメ男伊藤くんに振り回される女の人たちのお話。 伊藤くんを通して、自分を見つめ直して、また一歩進んでいく、そんなお話。 柚木さんは女の人を書くのがうまいと思います! すごいリアル!

8facbf6a 2337 4c3e 96ad 323f68ae7885111025f1 6f12 4cdc 950c 64d9c2e917c352337dfe f90d 48d1 873c 780390df600fIcon user placeholderFb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f5Icon user placeholder53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a 15
早稲女、女、男

早稲女、女、男 柚木麻子

ですので、買いました。市川紗椰さんもワセジョだったなんて!めんどくさくも愛おしい、そしてどんくさいのがよいです。

08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ecD47491b1 218f 4ca5 9af4 d3e071bdf79e3a12060b 4cd8 48ec 9733 fdbcc60eb8aaBe2705bb 9ad5 4b79 9412 de0079a04aa3A3f7a3ea 3c39 4342 a66f 82040af58cfd27f32382 30f2 402c 98c0 30704c489064Df15be04 1bf7 4b63 841b 2724eb422ea6 8
本屋さんのダイアナ

本屋さんのダイアナ 柚木麻子

大穴と書いてダイアナと読む名前の女の子と、誰もがうらやむ優等生の女の子…親友だった二人の人生が再び交わるまで。終盤タイトルの意味に関わるとこ染みる。物語途中で起こるある出来事がショックすぎた。起こる悲劇の種類が違うけど、自らの足で越えてく話。

マジカルグランマ

マジカルグランマ 柚木麻子

75歳のおばあちゃんが主人公。この設定がもう面白い。目まぐるしく変わる環境に食らいつき、どん底に突き落とされてもなお、楽しみを見つけ、新しい事にも挑戦し受け入れていく主人公は、75歳だということを忘れてしまうほどパワフルで、魅力的でした。後半、主人公の出した答えに私は納得出来ず読み終えました。私の保守的な性格のせいなのか、年齢のせいなのか...とても面白かったです。

08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ecIcon user placeholder8ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184Aa3cd999 f6cf 4df9 a226 df61b579a6de6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8dD7f82aff 40b8 4edd befd 9f95dda77deb 8
さらさら流る

さらさら流る 柚木麻子

女子の友情や自分の持っていない性質への妬みなど なんとも形状しにくい感情を著すのがうまいです。 好きだけでは一緒にいられない明るい何かは 誰にでもあることに、ホッとする小説でした。

45631b6b a759 4102 9963 80cdd9e6db86Icon user placeholder08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ecAa3cd999 f6cf 4df9 a226 df61b579a6de52b7a8b2 84e0 42ed 8adf 3011d2c7f349D46f6615 a04d 44c0 9ee1 e22aa60894efF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 27
嘆きの美女

嘆きの美女 柚木麻子

美しいって罪ですか? 美しいだけで幸せになれますか? お世辞にも美しいとは言えない主人公と美女たちの奇妙な同居生活。 主人公側の人間(とは言え耶居子ほどのアグレッシブさはない)としてはなんか勇気をもらえる作品でした。ありのままの自分を受け入れたいって思えた。 ただ「美しい」ということだけで崇拝するのも嫉妬するのも間違っていて、そこにはいろんなことで悩んだり心の闇も抱えた自分と同じ「人間」がいる。人生山あり谷ありなのはきっとみんな同じ。

B17a9482 7484 4234 97ac 278f56a259f6D4734ef9 18cd 4cef bf97 2bc0db772484Aa3cd999 f6cf 4df9 a226 df61b579a6de08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ec5a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d26d3aa938 9986 47ac 88b1 bde5a586081e
本屋さんのダイアナ

本屋さんのダイアナ 柚木麻子

中学生の時の愛読書だった赤毛のアンはもちろん、氷室冴子の本を思い出す物語でした。久しぶりに、当時のドキドキする気持ちがよみがえりました。 とはいえ、同じ年頃の娘が居るので、気がつけば母親の視点で読んでいました…

73d99f98 9464 40fd bea4 3b44b4998cb5Ff3afbab 83dd 4b22 a06f 13ff667288adIcon user placeholder0a8059b9 46b3 447c 8827 9a40f45dd94cIcon user placeholderC30decdd 9754 4cc3 b7a0 2c594880637cBdf678d1 b551 41f9 ba52 3f22adb5775e 76
幹事のアッコちゃん

幹事のアッコちゃん 柚木麻子

2019/2/21読了 シリーズ三作目。四篇の短編全部にアッコさんががっつり出てくる贅沢さ。 「ランチのアッコちゃん」から続く、アッコさんと〝永遠の部下〟三智子のコンビが特に好きなので、メインではない登場の仕方であっても、四篇全てに三智子も出てくるのが地味に嬉しい。 そして、いつもながら出てくる食べ物がどれもこれも割と普通のメニューなんだけど、間違いなく美味しそうと思わされる描写がすごい。ポテトサラダとかおかゆとか自家製の梅干しとか焼きそばとか。 誰もが思い浮かべやすい一般的なメニューなのに、アッコさんが選んで届ける料理は、どれも特別美味しそうなんだよなー。

Icon user placeholderF498cf2c a42e 430c 93e8 92001c616016Cbe4537b 81b6 402b 9c03 6d41bfb1f9d252d2fc50 f7e0 4c02 bc31 54a1c323ca11Aa3cd999 f6cf 4df9 a226 df61b579a6de4dfe4b11 8f00 4b24 9004 851e3a1f1530F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51 20
私にふさわしいホテル

私にふさわしいホテル 柚木麻子

2018/7/6読了 連作短編という形が大好きなので、この本は通して読んでもとても面白かったけど、中でも表題作が一番好きな話だったな。 東十条先生の描写に、もう特定の人物しか思いつかないし、悪意滲み出てて笑った。段々と東十条先生との関係性も変化して行くし、半ばコンビみたいでもあるんだけどね。 後半はちょっと主人公がダークサイド寄りになるから、気楽な読み物としてのんきに読んでると意外とずしっときてしっぺ返しをくらう。今まで、意図的にいわゆる『白柚木さん』の本しか読まないできたんだけど、『黒柚木さん』の方の作品もそろそろ解禁しようかなー。

B0899e8f 5704 486a 850f e1994f5bbccaBdf678d1 b551 41f9 ba52 3f22adb5775eIcon user placeholderIcon user placeholderVwljxnoy normal08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ecIcon user placeholder 29