柴田勝家の本

伊藤計劃トリビュート2

伊藤計劃トリビュート2 草野原々

面白い作品もあったけど、この本に伊藤計劃の冠を付ける必要があったのかしら? あと、短編集に『抜粋掲載』は頂けない。しかも、全体の1/3をその作品が占めてるし.....。

Icon user placeholder26a96fa6 ce1b 42f3 a369 7685ddc74a05980f83fa 2585 4a68 8371 9a1ccc7b7c14D0cc6ad0 f5db 4b16 a97e 4c66d86b18a4A85339a8 325f 4e94 a76a 6beceb9000beCe6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af34e3a4c63 08ba 43a2 b52c 02ebacf6d6ae 10
ニルヤの島

ニルヤの島 柴田勝家

完全に好みの話だけれど、独特な言葉遣いとか物事の関係性とかそういう設定が、私には読み込み辛くなかなか進まなかった。 すっと物語に入っていくことが出来なくてひたすら文章を目で追っているだけの感覚だった。 センター試験の現代文の問題の方が楽しめる、くらいの感じ。 ただ私の苦手なタイプだったというだけなので、もちろん好きな人は楽しく読めると思う。 表紙とあらすじに惹かれて買ったけれど、申し訳ないけれど正直最後まで読むことは無いと思う。

A3ffa40e a7af 4cb8 962c a49b6f1c84ddFab08fed 8d96 4d84 a603 9102362de160040952a4 ee22 4a1c 9b66 f47234e30d5403a0487a 1901 4ecf a4d9 f495077fc4585709ee11 4b51 43ac 8267 ba82a91a80edC6d6ae4b 4aad 4529 8a75 632177da3b49
伊藤計劃トリビュート

伊藤計劃トリビュート 王城夕紀

ページ数のボリューム感に感動した…気に入ったのは「未明の晩餐」「ノット・ワンダフル・ワールズ」「フランケンシュタイン三原則、あるいは屍者の簒奪」

Icon user placeholder2431e89a 3f32 4955 bd04 75f9d814504e26a96fa6 ce1b 42f3 a369 7685ddc74a0585b8a647 6ba7 4f84 85f8 1c0091d2e3bbD70128bf 61d4 404d ae2c f281aa2c3928C8ab4ca0 717e 41de af3d e9585900837328bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31 9