桜庭一樹の本

少女には向かない職業

少女には向かない職業 桜庭一樹

作者が女性だからか、若い二人の少女の心情描写が丁寧。同性ならきっと惹き込まれると思う。 桜庭一樹お得意の暗くて陰鬱な話。 この独特な暗い雰囲気はクセになる。 最後のタイトル回収が秀逸。 最後の最後で、あー、彼女には向いてなかったのね、って思わせるラスト。 もう一人の彼女には向いていたのにね。

8so09 1g normal78c6a70a df69 4358 b413 6567a1e76cceIcon user placeholderB44317f5 fee0 41dd 9ce3 48445584adf1
GOSICK GREEN

GOSICK GREEN 桜庭一樹

今回は今回で、大騒動に巻き込まれたヴィクトリアと久城。始まったばかりの新しい生活のドタバタと、手探りながも着実に走ってる二人が微笑ましい。新しい出会いあり。下町らしいバタバタ感あり。 今回の事件はちょこっと悲しい。 たくさんの謎の向こう側にいろんな人生が描かれたお話でした。

C2968a4e db20 45df 81b0 703c2e94ca3eBe9ba90c cb1e 4933 9792 7cfdb77e187fIcon user placeholderCdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778429c8591 da90 4e12 a454 e5c09940abbf
無花果とムーン

無花果とムーン 桜庭一樹

お兄ちゃん、って響きがちょと切なく感じられる。兄妹の、悲しくて、愛に溢れた物語。結末、涙が出るわけではないけど、何か叫びたい衝動にかられた。 私にとって、桜庭一樹ベスト3の1つ。

Icon user placeholderE2319e6b 63e7 49aa a903 eaf802817a72B409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef324d2b5449 e848 4621 8673 d6f24fe1a59a33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf7377c7b1b2e b09d 49f0 a714 a549aab2c149Be9ba90c cb1e 4933 9792 7cfdb77e187f 14
GOSICK RED

GOSICK RED 桜庭一樹

まさか誕生日にかえってくるとは…おかえり! また新たな敵が出てきたっぽいけど、前作とは変わらない2人ですごく安心。 続きが気になる!!

1a9d0c2c 14d8 45bc a81f 4761a1807415Be9ba90c cb1e 4933 9792 7cfdb77e187fFc022402 904f 44f1 834b 18e3e5ada267Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778429c8591 da90 4e12 a454 e5c09940abbf
青年のための読書クラブ

青年のための読書クラブ 桜庭一樹

女子校×文学好きなら郷愁に襲われながらワクワクと楽しめる一冊。桜庭一樹は底知れぬほど本を読んでる作家だなあ。本と本を愛する読者への愛が感じられる。不覚にも最後のババア集合シーンに涙が…

8so09 1g normalBf67ba68 dfa3 430d 87c1 79ba16d7559eBe9ba90c cb1e 4933 9792 7cfdb77e187f57eabb89 2d80 46e0 bff4 461f4232e787Akiaivjyeuyp25rambwaIcon user placeholder
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 桜庭一樹

最後の結末が最初に書かれていて、その結末は逃れられずどうにかしようとしても絶望しかないという悲しい小説かなと。 でもなぜか読み進めていきたくなるジレンマがある!とても刺激的な作品です。

Icon user placeholder8so09 1g normalC715a1c6 849c 4247 b7a3 64506fe554834916be49 74bf 4e25 9f77 54bb653d97ddIcon user placeholderD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c0d0a9844 b717 4e59 a9d7 bbd0cb57162e 12
江戸川乱歩傑作選 獣

江戸川乱歩傑作選 獣 桜庭一樹

乱歩の推理小説たちと随筆ふたつ。日常から少し逸れただけの非日常の描写が面白い。パノラマ島は久々に読んだけど長い……。

Icon user placeholderBe9ba90c cb1e 4933 9792 7cfdb77e187f
赤朽葉家の伝説

赤朽葉家の伝説 桜庭一樹

こうしてようやくたどりついた、現代。語り手であるわたし、赤朽葉瞳子自身には、語るべき新しい物語はなにもない。ほんとうに、なにひとつ、ない。p315

46d16e4d 3a3a 473e b2c3 9f8077672500Fe0ef593 2609 4412 b7fa 025421bbfdfb136df2a3 3aee 4402 a223 7710f260b629Be9ba90c cb1e 4933 9792 7cfdb77e187fFc022402 904f 44f1 834b 18e3e5ada26757eabb89 2d80 46e0 bff4 461f4232e787Ed17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603f 12
ブルースカイ

ブルースカイ 桜庭一樹

何かを失っても、空は青くて美しくて、しかもどこまでも広がっている。 逃げられない。絶望する。しかし不思議と快感だ。 それは、何があっても私が広く青いこの空の一部だからなんだと思う。

8so09 1g normalIcon user placeholder46d16e4d 3a3a 473e b2c3 9f8077672500000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8Be9ba90c cb1e 4933 9792 7cfdb77e187f57eabb89 2d80 46e0 bff4 461f4232e7878f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa 9