梨木香歩の本

椿宿の辺りに

椿宿の辺りに 梨木香歩

今を生きているのに、不自然でなく不思議なことが受け入れられる。痛みとは、何なのだろう。 梨木ワールドにどっぷり浸かった。

4d32d8bd 8834 49c7 baa2 ade3fb8458fb5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd21617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ff
裏庭

裏庭 梨木香歩

10/2018 移動図書館 数々の教訓が、優しい言葉でそこここに散りばめられている 梨木さんのファンタジーは抵抗なく心にすっと入ってくる ずっと手元に置いておきたい一冊

Ef71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7bF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c7973524b838 24b3 4f4d abaf e21b9fdcda836963a6a1 5669 4fab aa57 70bade0873b12f2616b0 e8b8 4016 b299 a4c5aaaee63a1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4
冬虫夏草

冬虫夏草 梨木香歩

亡き友の家守である綿貫と忠犬ゴローの物語。出奔したゴローを探しに鈴鹿の山に向かうはずが、あちらこちらで頼まれごとや気がかりなことに手を取られていつまでたってもたどり着けない綿貫。川を守る龍や河童、謎多きイワナの夫婦などなど、だんだんと話が壮大になっていきます。読んでいるだけで、精霊の住む森や川の清々しい空気が感じられる小説です。

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Cbf5359e 4a74 476c 92ff 8fd73b3a9988Icon user placeholder1dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483aA6adc4a9 74db 4f2f bd2d 0647f9434d50Icon user placeholder8f579e8b 35a2 4af8 8f6f 63a7a60dd882 19
岸辺のヤービ

岸辺のヤービ 梨木香歩

梨木香歩、ここ10年ほどは一般向けの作品が多かったので、児童書は新鮮でした。 挿絵も可愛らしく、ムーミン好きな子なら楽しく読めそう。西の魔女や裏庭よりも対象年令は低めかもしれない

Ef71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7bCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf921617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ffD8bb51b0 9f99 4c9e b227 80510b75da05E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f41909Cb228f24 c1e9 4160 88a4 0b90b9c7909b 9
雪と珊瑚と

雪と珊瑚と 梨木香歩

結末が見えても読み進めてしまう。 読み終えてホッとする。 素敵なお話。

B4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b175427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e94266a9e9 81d3 419b 949e 371c8935ce580ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008bF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c7976d30a362 8032 44f0 92fe 587b369650bb7759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026b 27
りかさん

りかさん 梨木香歩

梨木香歩が大好きになった本。 りかさんとのやり取りを読んで、いつもどこか心が温かくなる。

9b680706 cd7f 4e48 ae00 9a17ab597a9d75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e9Icon user placeholderFcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699dbF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797E18b60e6 4ab0 49ed b6e4 f2ba3a295a6cB424621d b1a3 42ee b89e 4d36e562c584 20
家守綺譚

家守綺譚 梨木香歩

自然の不思議を受け取って生活して行くのは、なかなか羨ましいのですが。掛け軸から現れた亡くなった友に「よう。どうした」と気軽に挨拶は出来ないかも。やおよろずのモノ達との出会いがゆったりと描かれ癒されます。

75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e92f526087 9792 4478 b63b dc5f9bca29cbIcon user placeholder75e05375 99d6 43a8 9717 6f92deb748acAba74841 51fb 48ac 9d01 ad8c6f2d47b27fc8ffc2 4c66 4df3 99c5 cf84cb51992b5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2 18
絵本の冒険 「絵」と「ことば」で楽しむ

絵本の冒険 「絵」と「ことば」で楽しむ 小野明

0148 2019/10/03読了 絵本を描くのが一番難しいかもしれない。子供騙しなんて通じないし、見開きで15ページほどの本でも細かい設定必要だし、子供が飽きずにずっと見てられる本ってとても難しいと思う。 しかし親が(大人が)買えば売れるという…。 絵本はしばらく読んでないけど、はじめてのおつかいはまた読み直したくなった。 当時は深く考えながら読んでいなかったから、この本の中で4ページほどだけど読み込んでいるのを見て、気になった。 冒頭の五味さんと荒井さんの対談も面白かった。この2人の絵本もよく読んでいたなあ。 祖父江さんの文字の絵本も気になる。 「ふ」、たしかに書き方たくさんあるから悩む。

私たちの星で

私たちの星で 梨木香歩

梨木香歩と師岡カリーマ・エルサムニーの往復書簡をまとめた一冊。 梨木さんは知っていたが師岡さんの方は知らなかったけど、エジプト人と日本人のハーフであり自身もムスリムで、NHKラジオでアラビア語放送アナウンサーもしている文筆家であるらしい。 そんな2人が、世界の動きや人々について、丁寧に言葉を交わしているのがこの本。 グローバル化やそれに反発するナショナリズムについて、イスラム教や信仰についてなど、割と堅めな話題について話が進む。 2人の教養や人生経験が滲むような穏やかなやりとりに、普段使わない脳細胞が刺激される。 異文化との交流や世界との付き合い方など、広い目線で生きていきたい人への指針となる、と思う。 少し注意としては日本の政治に対する意見などもあるので、もし対立する意見であっても「自分とは異なる意見」への寛容をもって望んでほしい。

E3f2edce ff29 4a60 8a3a c6479114f9a86cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c7e61dda9 ed4b 4b55 83a6 3bea23683c3f6b6a9563 6c63 42a6 9213 418eeee991768faed6e7 d0b6 4eec 8253 f593fa0f3fbd9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935dB34cac5a 01ca 4493 95e7 bee2a969a01e 10
からくりからくさ

からくりからくさ 梨木香歩

古い祖母の家。染織りに心惹かれる4人の娘達と不思議な人形にからまる、謎と縁。 結構リアルな芸術系&技術系の女子達のお話に、「りかさん」という人形が絡んでくる。 妖のお話では無いのですが。 大人な蓉子さんが「りかさん」を大切にする不思議を、読者もいつの間にか当たり前に受け止めるようになってしまう不思議。 この本の主人公は?と聞かれたら。。 ただそこにいる「りかさん」かなぁ。と答えてしまいます。 読み終えて題名見て「からくりからくさ」「おーー」って思って。笑 再読したくなる本。

不思議な羅針盤

不思議な羅針盤 梨木香歩

人は群れの動物であるから、他者と何かで共感する、ということに思いもよらぬほどのエネルギーをもらうのだろう。しかもそれが、自分自身の核心に近い、深い深いところでの共感ならなおさらのこと。p127

A9abbf8f 4ed6 443c 8672 c542ce9bd6966c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Icon user placeholderD7909256 6499 4a6a b54a 3f9214c4cccfA6adc4a9 74db 4f2f bd2d 0647f9434d503524b838 24b3 4f4d abaf e21b9fdcda8321617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ff 10