森博嗣の本

勉強の価値

勉強の価値 森博嗣

勉強の価値を"勝つ"ことだけに見出そうとすると、たちまち楽しさが無くなる。対象のある"勝負事"などの外部に気を向けず、自身の内部に目を向け目標達成や成長につながる勉強で本当の価値が生まれるのであろう。そういう"勉強の楽しさ"を子供に伝えたい。

Ff1cb923 bcef 44f4 8315 7966a8811a55C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3bIcon user placeholder1589c35b 2346 427f a44f 1b4fdff2cfd7A4454823 d18b 4a37 ae47 83783b2b75f7Fad37843 073b 48f7 bbc0 0543c4789502C3b90b43 f5ee 4878 bd37 ec86568af912 10
アンチ整理術

アンチ整理術 森博嗣

周りを整理するより自らを整える。周りを自分の思う通りにしたいならその分稼ぐ。効率を探すより物事を深く、広く考えろ、と。

7735f997 3879 4462 b098 45474928d55d0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c
森籠もりの日々

森籠もりの日々 森博嗣

森博嗣が一時期好きでした。シリーズも読んでいたけど、いつの頃からか離れてしまって。理由は分かりませんが。ただ、またこうして読みたくなって改めて言葉の使い方とかがやはり好きなんですね。来年はもう一度、シリーズを再読しようかと。ワタシの中では稀有な作家です。

ψの悲劇 The Tragedy of ψ

ψの悲劇 The Tragedy of ψ 森博嗣

wシリーズへの橋渡し。Gシリーズとはなんだったのか、最終巻で明かされるのだろうか。

83f98c81 33ce 4e6f 9b03 e2d339400a6940edb3dd c32b 4778 9b68 793c388af1fdB6b2b87e cbec 4d96 99c8 709c4f7732f0Akiaivjyeuyp25rambwa
集中力はいらない

集中力はいらない 森博嗣

0114 2019/05/15読了 常識にとらわれすぎなのかも。 あと、どうしたらいいのか?の答えをすぐに求めすぎ。自分で考えないと、ね。 分散して考えるはわかる。自分もいろんなことを考えては置いといて、結びつけてということはやっているなと思った。 私も仕事を1日1時間、計14時間で終わらせたい…。

34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd612536db1 bb3c 41b8 9ed0 16f4cb02f85b694abcc5 c0eb 4502 a0fb fa93dee7dd833cdb51aa f77e 4dc8 b406 c0f1cf771e4fC1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b760e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c84083a5a 1350 45bf bb71 e8bfe1970860 90
ツベルクリンムーチョ The cream of the notes 9

ツベルクリンムーチョ The cream of the notes 9 森博嗣

・他者評価を気にするな、人間は基本的に自分一人なのだ、自分の判断で自分勝手に生きれば良い ・他者ではなく、もっと自分と向き合おう。 24.最高の教師とは自分自身であり、このため、教育格差は広がるばかりだろう。 28.会社勤めに比べて、個人事業はリスクが高い分、儲けが大きいのが常識 39.「心に響く」と言う言い回しが、増えている~ →「響くってことは、心の中が空洞なんですね」と犀川先生なら言うかもしれないので注意が必要

Icon user placeholderE8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3cC33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3bAb7df96c 8aa9 4e4e 9ee2 64f5d3810365C07afbd7 888f 4aed b3dd ab3dbae89738
悲観する力

悲観する力 森博嗣

自分が思っていたことを肯定してくれた。 楽観的すぎるのもいけないし、悲観的すぎるのもいけない。 楽観しながらも悲観する。 悲しむ方向ではなくて、マイナスを想定して準備する。

読書の価値

読書の価値 森博嗣

読書の価値観は読み手によって大幅に違うということを認識しました。でもそれが面白いところですよね。共感もあり反感もあり、読後に自分が何を感じたかを私は大切にしています。〝選書の時間も含めて読書〟には同感です。タイトルが気になり手に取った専門書、難しそうで諦めたことが何度もあります。著者は、わからないということがわかったそれだけで読んだ価値があると述べています。自分にはわからないことがこの世界にある、その体験こそが次の興味関心へと繋がるということですね。どんどん本を読もう。それぞれに合ったペースで。

9cc8e516 294b 4221 a77b 3741d061d638B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d54jv98smt normalQvbsav81 normalDf0b9ad4 6a20 4d59 bd18 fe01bab493ba3cdb51aa f77e 4dc8 b406 c0f1cf771e4fIcon user placeholder 15
暗闇・キッス・それだけで Only the Darkness or Her Kiss

暗闇・キッス・それだけで Only the Darkness or Her Kiss 森博嗣

森博嗣の数少ない集英社のミステリーシリーズ。前作の『ゾラ·一撃·さようなら』が面白かったので、楽しみにしてました。前作よりもおとなしめな印象ですが、今作も良かった。頸城さん、負けるな!

D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79eB0948682 fb76 460b ab9a 2d813f086c1e