森田真生の本

アリになった数学者

アリになった数学者 森田真生

数学者です、と言われて、一体何をしている人かイメージを持てますか?私は正直、さっぱり何をしているかわからなかった。 でもこのほんを読んで、数学者の人が、この著者の森田さんが見る世界は、なんて繊細で面白いんだろうと思った。だから、私にとって数学者は、目に見えない世界の秘密を解いて教えてくれる人になった。 私は数学が苦手で、学生の頃面白いなんて微塵も思わなかったし、むしろ数学、算数的な授業は苦痛に近かった。でも、もしかしたら、本当の数学を知らないだけで、ちゃんと正しい扉を開けば面白い世界なのかもしれない。 最近、どんな分野も最初の扉の開け方で、その後関心が持てるかどうかが大きく変わってくるように感じている。 アリの視点で見る数字の世界は、新鮮で輝きに満ちていた。たくさんの子どもがこの本をきっかけに数学の世界に興味を持つだろう。これは、いい扉です。月刊 たくさんのふしぎ、初めて読みましたが、すごいいい!定期購読検討中。 個人的に、アリに噛まれて、じゅわっと甘い汁が漏れだす描写と、食感で水滴に触れるシーンが瑞々しくて好きでした。

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a01fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146aFa8448b4 f8b2 42e4 96c9 25345ba78bb722c9f424 435a 479b 99e8 8f66ce619953C3250572 a273 4a87 a82a 3226adb32d30Bde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c3F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9 13
数学する身体

数学する身体 森田真生

とても装幀の綺麗な本で、色、紙の質、レイアウトが本を買わせ、満足感をくれた。 そしてそこ内容もなんと楽しいことか。休日に読むのにもってこい。平日の疲れが取れて、英気を養えた。数学の進化を、身体から抽象へ、人から機械へ、思考と行為をつなげ、思考そのものだけでなく、思考的文脈を重視することで身体へと戻って、話は結ばれた。ゼロからではなく、ゼロまでの重要性。芸術家のごとき魅力的な数学者の話と数学の話は読み終えても、興奮を覚えている。 引用 > その数学に、新たな意味を吹き込んで行くこと。数学の形式を、ただ受容するのではなくて、それを文化として根付かせ、そこに自前の思考的文脈を与えてやること。とかはそこに向かって挑戦した、数少ない日本人ではないかとおもう。

B44af908 6433 4656 96d8 54d58262dea6136aee2f 5d52 40ac a350 633a63075b504b0c5241 80a2 472e b848 f6014e0eb7560970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a44836f62 c5ba 41c1 aa7b 4dec913c11fdIcon user placeholder06336804 0c03 46fe 9cbc 01f7d99feb67 36