森見登美彦の本

四畳半神話大系

四畳半神話大系 森見登美彦

薔薇色で有意義なキャンパスライフを送れずいじけるいっぽうの数年を過ごした全ての人に読んでほしい。 この本を読んでいると自分が学部生だった頃を思い出して虚しくなる。しかも、なんだか自分もこういったことをやっていたような気がするから腹立たしい。 そこで、『あぁ、じつに、生き方に工夫が足りなかった。私はなんてまっすぐだったのであろう。』(p.30)などとほわほわ考え、「もし、あの時違う選択をしていたら」、「もし、もう少しだけ運が向いていたら」などと過去を振り返る。 そうは言っても、 『寺山修司はかつて、書を捨てて街へ出やがれと言ったと聞く。しかし街に出て何をしろというのだ、この私に。』(P.220)と思い直すと、結局自分に伝説の至宝「薔薇色のキャンパスライフ」を手に入れる事は出来なかったに決まっていると再びいじけてしまう。 つまり、この物語体験とは、どんな選択をしていたとしても結局代わり映えのしない数年間だっただろうし、自分は自分でしかなかったのだ、という過去・現在・近未来にかけての自己同一性について洞察する極めてE.エリクソン的ライフサイクル体験ができるSF小説なのかもしれない。 その他 『赤ちゃんがおしゃぶりをしゃぶるように箱庭の権力をしゃぶり続け、』(P.47) 『負けてたまるか。 人恋しさに負けてたまるか。』(P.54)

太陽と乙女

太陽と乙女 森見登美彦

森見氏の、デビューから現在に至るまで、 新聞や雑誌、舞台パンフなどなどあらゆる媒体で書かれた文章をほぼ網羅したエッセイ集。 ひねくれつつも、どこか愛のある、 人間味を感じる森見氏の文体が好きだ。 もっと言うと、 大学生の頃のノリを延長したかのような空気感が大好きだ。 その時の思い出がなければ、 数々の名作はこの世に生まれ出なかったのであろう。 氏と同じライフル射撃部だったという明石氏やダークスコルピオン氏にぜひお会いしてみたい。 願わくば、 一番森見汁の濃い『太陽の塔』の早期映像化を! もちろん同じ大学ノリを感じるヨーロッパ企画上田氏脚本で!

6eb04914 40af 4519 b50f e23cb3e9a399Icon user placeholder9886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c910adfcc 0ae3 4037 972f 70b167ed1a1798806801 c90d 4ee6 b424 dd9ac598670c2cfb38dd d698 4ead 8b37 a889ebec5c48F456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b0 29
ペンギン・ハイウェイ 角川文庫

ペンギン・ハイウェイ 角川文庫 森見登美彦

奇妙奇天烈な話だけど、全体の雰囲気がなんだかほのぼのとしています。アオヤマ少年のキャラクターが好きです。少年の冒険をいっしょに応援したくなる気持ちになります。

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Icon user placeholder0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacA11961e6 7b60 48e0 8001 54700858993dD9d323a6 513c 444d 8019 e13a5f028f1d 9
3時のおやつ

3時のおやつ 壁井ユカコ

金原瑞人の「ロバのパン屋さん」目当てに読みましたが、他の有名作家のいずれのエピソードも興味深かったですね。読んでいると今日は商店街に寄ってお気に入りのたい焼きでもかってかえろうか、なんて気分になります。

7efa1cc5 a32a 4abe b0e9 50492acb8ee233d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb378690206d3f0d5 baa8 42c4 9c18 26d48a77fd8c4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25Ed29570f 015a 4682 acc4 80544369b6441a8344a9 7c43 4d18 82d8 ff4d68e2951c954dbfde 19e9 4dc5 b907 c45f8bd7e27e 9
恋文の技術

恋文の技術 森見登美彦

猛烈に手紙が書きたくなりました!面白すぎるキャラクター、手紙だけで進んでいくお話、森見さんが描く森見さん、とてもよかったです(=´ω`=)

30cc104c bb4f 41c8 9837 05eaa103bf569886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00cF888b04b d074 442c a9ef d49c5a8788b9F11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4e2467a6d8 216f 4260 a4de a66984d5e2db0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5 11
熱帯

熱帯 森見登美彦

いやはや、やられた‼️ 普通にサクサク読んでいたら、むむむ? となり、うーん?となり。 最後に、ほほぉー。となる。 そして、今は過去で、未来は今なのでしょうか。

B4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b155726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e77245ed9d885 1800 4df1 bd38 72be7f43f53b8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe42a79741 e586 420f a17a db0551af35f573c8ae9c 8ef7 422c bfd2 2b60ffb83742C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb46 191
森見登美彦の京都ぐるぐる案内

森見登美彦の京都ぐるぐる案内 森見登美彦

手描きの見やすい地図つきで、街をまわってる感じがあっていい。文学的な要素もあり、飽きにくく、サクッと読める。 主要の観光スポットだけではないので、ぶらりと歩きたい人、ガイドブックまではいらない人にとっては、おもしろい本かもしれない。

71e6ec47 210c 4981 b1b4 119aef0baddfC5dbbcbf 5552 4163 abe5 401d53364456605e81f7 78b3 4c99 a4a0 09b6d2ea817aEf4056d8 4c77 4727 8c8a 4ec70402cae39886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c8bbb3d77 37f1 442a 810f 5c57425c0c50D7162833 27b6 4ef1 bd45 4ae378599810 12
奇想と微笑―太宰治傑作選

奇想と微笑―太宰治傑作選 太宰治

銀魂みたいな走れメロスを森見さんの訳で読んで、 面白くて、いつのまにか本を無くしたので探して買った一冊。 題名を間違えてたらしく。 最後に銀魂くる。と読み進めながら、 ガチガチな走れメロスを読み終えました。 そんな、 奇想と微笑−太宰治傑作選 初めて太宰治さん読みました。 読んでる内に最近のモヤモヤしているところが ドンピシャに書いてあって共感出来て結果的に良かったです。

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bD5061594 40e8 4e46 859c 9c57e2e0b35eCfc25a64 595b 4142 adeb 36e6a0660850Icon user placeholderD4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b90402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00 11
夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦

至福の読書体験。 昭和レトロでコミカルで地の文ですら 読んでて心地いい。「読書すること」 の楽しさの原点と言った感じ。

Cbdd6819 86de 4595 a296 2fc4dae0d38eB4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b1F780ff7c 419a 41c0 a24e 49a7fdd3459671e6ec47 210c 4981 b1b4 119aef0baddf3b68ed61 0d6d 4318 af02 25f76ee011bf7aa0ace2 6c5f 4d24 9e14 67ada5f7e656147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e 198
四畳半王国見聞録

四畳半王国見聞録 森見登美彦

続編ではないにしても『四畳半神話体系』に連なる物語と言えるかもしれない。 日常と非日常のほんの小さな狭間を楽しむ物語だった。 だらだらした日常のなかに少しだけ不思議なこと、クスっと面白いことがあり、ふとしたことが広大で深遠な宇宙的なるコンステレーション(布置連関)にはっと気づくように、まるで悟りに近いようで全く異なるくだらなさに直面する事があるような気がする。 この物語は京都、四畳半、大学生といくつかのサークルという極めて限られた時空間での物語である。 しかし、かつて松尾芭蕉の詠んだ「古池や蛙飛び込む水の音」について、宇宙的な深遠さと静謐さとコンステレーションを見出した人たちがいたように、この物語もまた極めて狭小な世界に無数の宇宙が誕生し、そして重なり合い、離れていくさまを感じるような気もする。 手が届きそうでいて同時に森閑さに深淵を覗き、手が離れる。 ミクロコスモス、バタフライエフェクト、なんでもいいけれどもこういう物語や交流に惹かれるのかもしれない。 日常と非日常、或いは凡人と非凡人、友人以上恋人未満、こうした事の狭間にある宇宙的で深遠な繊細さを楽しむ物語だった。 『たとえなんでもない一日でも、我々はつねに何事かを学び、立派な大人になっていくのだ』(p.124)

74f6ebfc f4ae 4cfe b507 f62c505c8d2073b29d1b dab2 4ae0 a07e 170e1cc5755d6c876b72 6e94 463a 9040 7d8cef6d61b6Cfc25a64 595b 4142 adeb 36e6a0660850A20c6877 009d 4922 a0f4 4304c9f6c749155b52df bead 4c68 bdb4 91956914f3984c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5 34
美女と竹林

美女と竹林 森見登美彦

まさに『机上の竹林』である。 日常のなんでもないことをオモチロイように書いてしまう恐るべき妄想的表現力がこの作者の特徴。 京都は不思議な場所だがこの作者の文章もまた不思議な魅力をはなっている。 まるで深淵を覗くかのような表現でありつつも実際は深いわけでもなんでもない詭弁が重ねられた文章だったり、それが「妄想的」と言わしめる所以なのだろうと思った。

C7f0df00 25f1 4f06 91ed 67a63af79707Cfc25a64 595b 4142 adeb 36e6a06608504d0235f6 d13c 4c9c bead 1a6b3560e4310e354e79 7832 447e b044 0e0ea7c3cd55E918e2ac 2786 4d01 a6f9 351e96a7380dIcon user placeholder80e02f84 921f 4faa be0d 64c6a3f8a453 32