植本一子の本

フェルメール

フェルメール 植本一子

写真家がフェルメール全点制覇の旅をするとどうなるか? そういう本です。亡くなってしまったラッパーECDの妻でもある植本一子さんによる、一冊。実に楽しいし、目鱗な感じがする。

F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e
ホームシック: 生活

ホームシック: 生活 ECD

石田さんが亡くなってしまった今読むととても平和に思えるけど、これはこれで相当ドタバタだった結婚出産の顛末。記録。

540d83f1 f93b 40b0 825c 8b85e7705a66574ad60b bc3a 460b 8eac 6a5d14683fdf014253d4 6080 4951 9119 24735184a696C8ab4ca0 717e 41de af3d e9585900837389e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e
家族最後の日

家族最後の日 植本一子

「こんなこと書くの?」とか、「非常識だ」とか、第三者目線でたくさん思うけれど、私の日常生活の感情の起伏も、同じようなもので、ただ、なんとか取り繕って生活したり、自分も取り繕って我慢した結果、文句ばかり言っている気がする、

F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e95fbd7b30 2c0c 4ecb 9719 16a3a769a5dc870e5356 1916 4821 b503 59c16c5338df5aea1110 21be 4f0a 8aa2 de0731b199dcIcon user placeholder574ad60b bc3a 460b 8eac 6a5d14683fdf 49
かなわない

かなわない 植本一子

見たままあるままを、シャッターで切り取るように書けるのは、著者が写真家だからなのでしょうか。 書くこと書かないことの選別は当然意図的に行っていると著者も言っていますが、あまりにも無防備で、ハラハラします。他の写真家の人の文章をあまり読んだことがないのでわかりません。 スキャンダル的に注目されてしまう、夫以外の「好きな人」についての出来事は、私にはそれほど重要ではありませんでした。 文体とか表現技法に憧れてばかりいる私は、ザクッと自分をさらけ出してくるようなシンプルな文章にドキドキしました。

2f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b520bdbde9 151e 4f80 baf3 01d3999b8546Icon user placeholder50d70d83 2014 445b a680 f09b8a70efc17759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026b79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a74d6d95bf e59b 41d6 9c35 95384762fce3 69