榎本まみの本

督促OL 指導日記 ストレスフルな職場を生き抜く術

督促OL 指導日記 ストレスフルな職場を生き抜く術 榎本まみ

督促OLシリーズの第三弾。 3〜4ページ程の文書と文書が要約された形で漫画も載っているので、とても読みやすい。 仕事で分からないことがあると、コールセンターに電話をすることがあるが、とても丁寧にわかりやすく説明して下さる。分かりやすく説明して下さる背景には、たくさんの苦労があってのことだと思う。 知識の習得のみならず、自分の感情をコントロールしなければならない現状があるのはこの本から学ばせて貰った。直接会って対峙することはなくても、その分の理不尽な要望を浴びせられることもあるのだと思う。 全体的に感情労働と呼ばれる仕事は価値が低く見られる場合がある。もっと評価されなければならない。 コールセンターで働く人たちに対し、これまで以上に感謝の気持ちを持てるようになる本。

78567457 39fb 407c a866 23a016ddc212E1bfbf1b d259 4dae 997b 634771e59066
督促OL 奮闘日記 ちょっとためになるお金の話

督促OL 奮闘日記 ちょっとためになるお金の話 榎本まみ

本書は、前作「督促OL 修行日記」に続き、とあるクレジット会社に勤めるうら若い女性が「督促」という非常にデリケートかつハードな仕事で日々人間の本音や弱音に触れながら奮闘するオシゴト本だ。 学校を出て初めての職場がクレジットの滞納者向けコールセンターという、かなり厳しい社会人スタートを切った著者。 ブログや本書を見る限り、今も同じ仕事場で頑張っている様子だ。 著者は感受性が豊かで共感力があり勉強熱心な方のよう。 そんな彼女だから、やがて疲弊して転職するか、早々に督促を卒業して次なる仕事(家計コンサルタントとかキャッシングアドバイザーとか肩書き付けて…)に飛躍してしまうのではと見守っていたのだけれど(オカンか!)、本書ではより一層、督促という仕事を通じてオシゴトへの考察を深めている。

督促OL 修行日記

督促OL 修行日記 榎本まみ

督促という仕事をこれまで強く意識したことはなかった。感情労働の大変さが読んでいてよく分かる本だった。 どんな仕事も簡単な仕事なんてないと思う。仕事をしていて、自分が「大変だな」「しんどいな」と感じた時にどのように日々の業務に向き合えば良いのか。作者の榎本さんの仕事に対する姿勢や考え方に勇気付けられた。 最後の方にはジワリともさせられた。 とても面白い一冊でした。

F4804186 5bc1 41e2 a2c1 f09f650784dcE48406a7 2423 4b47 80ba 5bfb4a75cea0F4c1fa3c 6885 451c 8caf f2d7c5982bbf26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b84c552ac6 9e49 4c9d 902d 6783eb8d6353A93fe4a9 89f7 460a bfd9 47d5953c3b27D046a39d f072 4a16 894f ed148d4d0a61 11
督促OL業務日誌

督促OL業務日誌 榎本まみ

前作、督促OL業務日誌を、四コマを混じえてわかり易く書かれてます。 面白くサラッと読めましたが、筆者の努力や苦悩がより分かる前作の方が楽しめました。

督促OL 修行日記

督促OL 修行日記 榎本まみ

一気読みした。 真面目に、借りた金を返すよう説得と行動をさせるコールセンターというお仕事の苦痛がひしひしと伝わってくる。 感情労働、という言葉を初めて知った。接客業とは肉体より頭脳より、感情や自尊心を埋葬して行う仕事と実感していたからスッと入ってきた。