檀原照和の本

白い孤影 ヨコハマメリー

白い孤影 ヨコハマメリー 檀原照和

著者は直接メリーさんには会ったことがないからこその視点で、かつてあった港町ヨコハマのアイコンとしてメリーさんの物語が上書きされていると感じる。 「横浜の人びとにとってメリーさんを語ることは人生を振り返ることでもあった。横浜でメリーさんと無関係な取材をしているときに、なにかの拍子でメリーさん話になったことが何度かある。そんな時語り手はメリーさんのことに留まらず、横浜という都市の記憶や自分のこれまでの来し方をも芋づる式に思い出すのが常だ」P.10 これはまさにその通りで町でばったり遭遇した時の記憶とか風景が焼き付いてそこに自分の過去までいっしょに持ってくるからバイアスがかかるのも仕方ない。 近過ぎると見えないこともあるということを気づかせてくれる。文庫書下ろし

Icon user placeholder670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb858Fd66c2b1 2c02 46f2 acf5 d96effd4729e8fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766deIcon user placeholderE9361799 b3b2 4bf9 95c7 f9940384a994F888b04b d074 442c a9ef d49c5a8788b9 9