櫛木理宇の本

死刑にいたる病

死刑にいたる病 櫛木理宇

主人公である雅也にある日突然、連続殺人犯から一通の手紙が届く。起訴された9件の罪状のうち1件だけは自分の犯行ではない、という内容のものだった。被疑者である榛村大和はなぜ一時期店の客だっただけの自分へわざわざ手紙を送ってきたのか…? 大学生活に馴染めず鬱屈した毎日を送っていた雅也は次第に事件の調査にのめり込んでいく……。 ひどくリアルで残虐であるにもかかわらず、どこか魅惑的で思わず引き込まれた。 次々と明らかになる出来事はどれも情け容赦なく陰鬱で残酷なのにどこかありふれた事のようにも感じ、気づけば受け入れ納得している自分に気づく。 ここ近年で読んだミステリーの中では最も細緻でよく練られている物語だと思う。 ミステリーとしてでなく、社会やごく身近な人間に踏みつけられないがしろにされた人々の悲しい物語でもある。 この著者の作品をもっと読んでみたいと思った。 おススメです。

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e647499f6 4834 460f 8999 6015628f38118d955363 5292 45e6 a47d af2e16c445357dde3365 4643 40e3 9ed7 37d3eb2c568e686b99a1 b8c8 49dd 9a76 7526fd038ce44c552ac6 9e49 4c9d 902d 6783eb8d6353837d42e7 0e78 4718 b246 62d3cb39767d 23
209号室には知らない子供がいる

209号室には知らない子供がいる 櫛木理宇

あるマンションでの不気味な出来事が一話完結で描かれた小説と思いきや最後に全部繋がっていた。悲しい過去の風習が生み出した怪異と簡単に書けばそんな話し。けど一話一話、ゾッとしながらも人間の心の弱さ。脆さを感じ読み応えのある小説だった。

951ac5b2 19f6 44bb b9be 20acf128865a0824f0e4 292d 4455 b3c9 2138f43572c124a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a3Dd1c0d16 3fc2 426e b569 dc3d1a72249d66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aE344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed4Fcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b927485 12
世界が赫に染まる日に

世界が赫に染まる日に 櫛木理宇

少年法に守られて罪を犯しても大した罰も無くのうのうと生きていく輩が居るのに被害者は泣き寝入りだなんて不条理すぎるとニュースを見る度に常々私も感じている。この本は法で裁かれない奴らに罰?を与えていく話だ。読んでいてスカッとする自分もいる。けどやはり人間が人間を暴力で裁く事はどうなのかと疑問も持つ。しかし、もし自分の身内が被害者になったなら出来れば同じ目に合わせたいと思うだろう。まっ、出来ないけどね。それを止める倫理感を教えるのご親なんだろうがそれに恵まれず少年の孤独感に涙が出た。お天道様は見てるよって言ってくれる親であったり祖父母であったりがどんどんいなくなってるのかな?最後に一筋の光を感じられたのが救いだ。君は一人じゃないよって伝えてあげたい。

417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c6Icon user placeholderB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d54daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b0693f3def c09b 44c5 a99c cc17f4601004Icon user placeholder89bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7c 13