江國香織の本

すいかの匂い

すいかの匂い 江國香織

どの話もとにかく不思議で、でも、懐かしくなる。小学校の裏庭や焼却炉、病院の三和土、独特の匂い、など、夏の暑い日々の、私たちが小さかった頃の、世界の見え方。それを、そのまま思い出させてくれるような書き方で読者の気持ちをふわりと過去へ戻してくれる。不思議なお話たちでした。さらさらと読めます。 いろいろなことを思い出させてくれますが、不思議と嫌な気持ちにはなりませんでした。文章が落ち着いているからかな。。

ウエハースの椅子

ウエハースの椅子 江國香織

恋をすると子供じみてしまうのはどうしてだろうと、ずっと疑問に思っていました。実に単純なことでした。子供というのは、一人では生きられないのですね。恋をした人間も、一人では生きられない。似るわけです。 江國がかわいい。

Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9Bd3ef171 d3f8 477e 9e12 ef3b5ddc2770B0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a510564b91 97c1 4100 8782 a3cc949b205aC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991
なかなか暮れない夏の夕暮れ

なかなか暮れない夏の夕暮れ 江國香織

シリアスなアレコレが江國香織さんのふんわりした空気に包まれていて素敵でした。 『間宮兄弟』と同じく変わってるんだけど不思議と収まりの良い姉弟のやりとりも楽しくて、夏になったら再読したい爽やかな一冊だと思います。

Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86Icon user placeholder40f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f1660927975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41PictureAeb0149f 2241 4034 8ca1 ca68432bd9a8 35
あかるい箱

あかるい箱 江國香織

待ってるものがある人だけしか存在できない部屋。待っているものが現れた後戻る世界は、どこなんだろう。

Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9Dc1b0189 08a9 4e98 bf46 0b9e96f2d371
ずるずる、ラーメン

ずるずる、ラーメン 椎名誠

ラーメンに関する随筆集。 以前読んだ「ずっしり、あんこ」に比べ、感動的な話もなく、どうでも良いような内容ばかりだけど、楽しく読める。 読んだ後の頭の中は完全にラーメン。早くラーメンを食べたい!

B269b024 95e3 439f a195 51e50f65d85fAac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a7642691de89c3f 8172 4db4 a4d1 df85a332742f
パンプルムース!

パンプルムース! 江國香織

googleいわさきちひろロゴの日があり、もちろんもともとちひろさんは知ってたけど大人になって改めて絵を調べて見たらとっても素敵で。 淡く、触れたら壊れそうな絵なのに、指の描き方なんかいきいきしていて。 詩は「あたしのおおきさぶん」が好きかな。

Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec965dc9d8a d779 4fc6 bfe0 b373bf0c937e014253d4 6080 4951 9119 24735184a696
100万分の1回のねこ

100万分の1回のねこ 谷川俊太郎

角田光代、広瀬弦のが素晴らしい。 元々の絵本を読んでいなくても中々に味わい深いものがたくさん。 町田康だけ独自路線だったな。 あと山田詠美は苦手。

F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad11320812a21 85f3 4cba 8887 45c103c704970c230d90 3dac 4460 9a57 a2ee71f762eb62433824 447f 4f3d a77e 0bd820e33f8b0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad96cdeac5d 470f 4155 8ead 9302d0619a80D60e7796 4226 49b9 9645 0105401e8529 9
号泣する準備はできていた

号泣する準備はできていた 江國香織

喪失するには所有が必要で、所有をした時点ですでに号泣する準備はできている。 なんでそんなにかなしいのよ 所有したことに手放しで喜べないってなんなのよ 納得しちゃうじゃない

Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9B0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a5Bd3ef171 d3f8 477e 9e12 ef3b5ddc2770118c04bd d4c4 4967 b503 c231f6559a15
温かなお皿

温かなお皿 江國香織

短編集。南ヶ原団地A号棟が好きだった。読んだ後に、目次を見ていても、これも良かったしこれも良かったかな。と、思う。全て情景が温かい。

ヤモリ、カエル、シジミチョウ

ヤモリ、カエル、シジミチョウ 江國香織

いつまでも、読んでいたかった。しかし、そうもいかない。季節は巡り、いきものたち、ひとも移ろい、変わってゆく。みにくいやうつくしいといった形容から離れ、ただそこここにいる、いないものとしてある生き物たちの物語。 たくちゃんのにっこりした顔(それは僕の想像するそれではあるのだが)が余韻として僕の頭の中に未だずっとある。はっぱと育美の愛には不覚にも涙した。

Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec980d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585Icon user placeholder6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c3665eda2 3d97 4fb7 958e c54d92fc4a00Bf80402e 2475 41c6 a54a f979444ee1c0 20
とるにたらないものもの

とるにたらないものもの 江國香織

とるにたらないもの、を江國さんの言葉でとるにたるもの、にする不思議な力があったと思います。 自分にとってそれらのものはどうだったかな、と思わせられましたし、考えたりしたこともないようなものに対して考えたりしました。 とるにたらないようなものでも、生活の一部で、おもしろいなぁと思いました。

B0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a55e646217 79f2 4fe9 8943 510a6eabf4f62b0f55be 9aeb 4c07 b382 4b5f01630870
ただならぬ午睡

ただならぬ午睡 日本ペンクラブ

読んでみてすっと入ってくるものだけがすべてではない。 恋愛の数だけ恋愛の形があるのだと思う。 芸術の域まで高められた小説は時に理解に苦しむこともあるけれど、その時々のコンディションでまた感じ方も違ってくるから面白い。 江國香織さんをひいきしてるからかもしれないが、やはり圧倒的な存在感で群を抜いている印象を受けた。 「ただならぬ午睡」 そのタイトルをつけるセンスはさすが。

雨はコーラがのめない

雨はコーラがのめない 江國香織

どういう意味のタイトルなのかと読み始めると、それはそれは私的なエッセイ。江國香織の文章好きにはたまらない、ご自身の日常がぎゅっと濃縮されている。ああ〜こんな風に生きてみたいと思いつつ、烏滸がましくも通ずる部分もあったりして、ゆっくりゆっくり読みました。「雨」はかけがえのない存在なんだなと。

デューク

デューク 江國香織

ふわふわとした感性、地に足がついていないようで、でもしっかり生活のスタイルを持っている文体が好きだったなぁ〜。 江國香織を読むきっかけになったお話。ジェームスディーンに似た犬 なんてこの人しか書けない。

Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9Ba27d6df cb5f 4dbe 8163 86b863c689ad13270021 7db5 4940 9051 2599bbe4f0c73e1806ac f9ab 4746 a69e f9e7479911fa04276c70 d768 4372 b9a6 11440b31dfe7B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca
間宮兄弟

間宮兄弟 江國香織

こんな幸せもあるよねと。悠々自適って言葉がぴったり。最高。 2人は彼女が欲しいだろうけど、これからもずーっと兄弟で一緒に暮らし続けてほしい。笑

Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74PictureE5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aea5b3be43a d7d4 43b8 8aac 78e587c4226c79651acf 4aa2 427c af16 61cd849368c888630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c 18