河合香織の本

セックスボランティア

セックスボランティア 河合香織

たとえてあしがうごかなくてもにんげんのおとことしてのよくぼうがあるかぎりはけいざいのゆるすはんいのことであればそれによってひごろのストレスをはっさんさせあすへのいきるみなもとにするならそれなりのいぎのあることとおもう。 介護を受けることは最大の屈辱。我慢してるよ。生きるためにね。水上勉が安楽寺を謳う。かたわ。 最初の30ページで竹田さんの辛さが伝わったし、こんな事は不謹慎に当たるかもしれないけど自分はなんて幸せ者なんだって思った。

406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241D62d46f7 a6e9 4fea a03b 9e87df05ce03B4b790fe c9a4 4f62 9ae3 b116750a3476