泉鏡花の本

春昼;春昼後刻

春昼;春昼後刻 泉鏡花

春の日の微睡み。生と死のあわいが交錯する。そこに幻の如く浮かび上がる至高の愛。鏡花の文体だからこそなしえた奇跡の賜物。 20161026

5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2E0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb6#<actiondispatch::http::uploadedfile:0x007f213cd90850>3e2b8c6c fc82 4208 8c8c 8a8d5f773fce
きのこ文学名作選

きのこ文学名作選 飯沢耕太郎

きのこアンソロジー なんとも言えない不思議な後味が残ります。 ブックデザインがとても凝っていて 特に、本を逆さまにして読む誘導があるのですが「本人としてはごく自然な流れだけど、周りから見たらちょっとおかしい」みたいなものが内容そのものでこれにははっとしました。

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd57c2709a 4c71 443b 96e9 9810cb743a8e11c10f8e ce5b 41f8 a001 c52029854ce8
歌行燈・高野聖

歌行燈・高野聖 泉鏡花

全部で5篇の小説が収録されているが、何とか読めたのは『高野聖』のみ。作者独特の文体は、時にメロディーが流れているかのように感じられるものの、すでに使われなくなった語彙も多く、さらには随所に能楽・歌舞伎・浄瑠璃、江戸時代の文学の欠片が散りばめられていて読み進めるのに苦労した。 それでも、妖怪が登場する怪異譚をここまで格調高く描き切った名作であることは間違いない。

Fe789b40 eba6 44e1 a6b8 90882761e35e5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdIcon user placeholderIcon user placeholderCd086107 8dc6 4d0d 8cf0 4c84f7ee2382A5ffb3e5 7fb4 47ae 9652 3c1ce62ab7e7