浜口倫太郎の本

AI崩壊

AI崩壊 浜口倫太郎

近い未来に起こりうる!? 便利と背中合わせの恐怖。 AIのテクノロジーと登場人物がもつ人間臭さのアンマッチが物語を盛り上げる! テンポよくストーリーが進み一気読み。 お互いの良さが活きる世の中になれば。 と、考えさせられる。

Bcc94ef8 73a5 4f7c 94a8 b4ad5f30332bDf76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec443521f21538 0ba6 403c 814e 6c645fbcc906Icon user placeholderY es4n88 normal007b2062 83bd 431b 8702 9dc14032d264
22年目の告白-私が殺人犯です-

22年目の告白-私が殺人犯です- 浜口倫太郎

いやー、面白かった。 一気に読み切りました。 最初から、惹きつけられる内容で、 ラストはいったいどうなるのかと思っていたら、 大ドンデン返し。 読み応え十分。こういう本が好きです。 はー、満足。

Icon user placeholderIcon user placeholder454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb9018a729e2 09a7 428c a81d c8c13db9b1b0121a33fe 3aeb 4bfe 83bd 7481eb1fe2c93e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5 36
22年目の告白-私が殺人犯です-

22年目の告白-私が殺人犯です- 浜口倫太郎

個人の見解として、小説を映像化すると原作に及ぶものはなかなかないと思っていますが、この作品は逆に映画を小説化したものです。 細部の設定に曖昧な部分があるように感じましたが、一気に読み切り、映像も見たいと思わせるほどのパワーがある作品でした。装丁が作品中の描写と同じなのも気が利いています。

20fd71ea 3c1d 489d 8d3a e1e97fc8e8235b4b7c22 d274 4b47 a0c1 cf88966cf001E0814ea8 0df2 4279 ad80 13fab4f65e1e0baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536a7046ce21 ea1e 485e 97f5 3ad281c34a4dB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849