深緑野分の本

51w8locb0fl

主人公が特殊兵の軍コックになり、戦地で戦友と過ごす日々のなかでふと沸いてきた謎を解決していく様を綴る青春戦記小説です。面白かったです。 タイトルから受ける印象ほどコックらしいことをしていないなあと最初は思っていましたが、話が進み戦況が悪化するにつれて前の章で出てきた些細な食べ物、飲み物を思い出すことが多くなりました。 例えばソーセージと林檎をローストしたものだったり、少女につくってあげた芋をラードで揚げてチーズと魚の缶詰をかけたものだったり、敵の兵糧を暖めるシーンだったり、塹壕のなかで飲むあたたかなコーヒーだったり、敵の将校が寒いなか背中を丸めて啜ったブランデーだったり。 食べることは生きることだと思うので、人が紙切れみたいに死んでいく戦場でこそ食べることは映えるのだなと思いました。 序盤はまだ軽く、皆でわいわいとやっている様がいとおしかったですがそれだからこそ終盤の悲しさが胸に来ます。 最後主人公が親友の手を借りて成し遂げた作戦はすごくいいなとおもいました。 16.03.16

3a49ddbb adf5 4f47 b662 e708365c365b6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373397c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8efEb4d07b4 490b 4fd6 b427 6678684c96bb5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffbBebe3e1f b0b8 4fcc 9fae 7958f9442a1d62c5cbe6 cca6 4f18 9eb3 b509bb526c29 12