瀬尾まいこの本

春、戻る

春、戻る 瀬尾まいこ

結婚を間近に控えたある日、突然兄と名乗る青年が主人公さくらの前に現れる。兄がいるとは初耳だし、何より自分より一回りは下に見える青年はいったい誰なのか…? マイペースで少々押し付けがましく騒々しいその兄と名乗る青年を訝しみつつ読み進めていくのだが、物語は淡々とした日常の中に大らかに展開していきます。 深く傷ついた時には見えなかったものが今なら見えるということがある。 優しくてホッとするお話です。

Cf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527D90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f52b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855bCc841888 d781 4e59 9578 49d9903628710d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c49a08bef2 cd80 490d 9715 7ce203a7f409Af076117 e663 47ae ae48 c57032a4c982 17
運命の人はどこですか?

運命の人はどこですか? 飛鳥井千砂

もっと恋愛モード全開の話かと思ったがそれほど...いや全然そんなこともなくて 短編ならではの物足りなさも感じつつさらっと読んでしまいました。 どれもタイトルほどの印象深さはない。 ただ西さんの話は突出してぶっ飛んでいたような気がする。

Be9877e5 3c57 45c1 8551 9c9376d0331bF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c79700d7f2b7 f7df 42aa b8aa 08d6aa31f01f
傑作はまだ

傑作はまだ 瀬尾まいこ

毎日は、小説のように起承転結ではない。 だけど、素敵なお話だ。 愉快でいい人達のお話。日常だって善意は溢れてる。

43817637 4803 4a4d 988f 18075934cfa8B65c3b44 b07f 4728 8a73 f235eba2f935E9060055 3283 4b39 addc aadb5890c11e5a18ee37 88c4 4116 b20f 1a2e9ceed0f722f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783Ae4628c3 3cbd 45f3 bf49 a92e458a47f456a03690 63b8 4975 853f fac13092849b 11
卵の緒

卵の緒 瀬尾まいこ

第7回坊ちゃん文学大賞受賞作「卵の緒」。ともう一遍。 どちらも家族とは何か、問いかけている作品で、文章が軽快で読みやすい。 日常の中に綴られている毎日こそが、家族の成り立ちなのだと気づかせてくれる。作者の人間性が溢れる作品で、暖かく優しくリアル。

君が夏を走らせる

君が夏を走らせる 瀬尾まいこ

瀬尾まいこさんの小説「あと少し、もう少し」に出てきたヤンキー少年の太田くんが、高校生になってからのお話。 しかし、続編というわけではなく、太田くんがアルバイトとして先輩の小さな娘さんの面倒を見ることになる、という陸上とは全く関係の無い物語です。 ただ、「あと少し、もう少し」で太田くんが得た葛藤や喜び、そして「あと少し、もう少し」という題名の意味。それらが明らかになる本作は、前作を読んだ人に凄く響く何かがあると思います。 そして、何よりもその小さな娘さんが凄く可愛らしい。子どもってこんなに可愛いんだ!と思うし、これを読んだ後、街で子どもを見ると、ついつい目で追っちゃいそうになります。 本当に気持ちよく優しく夢中に読んでしまえる小説だと思います。穏やかな気分になりたい時、ほのぼのと楽しく読書をしたい時、是非読んでみてほしいです。

4225c5c8 10f3 48ed bf29 51aa6fcaa35a6279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204a0a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce448b86f85 c709 4f4e bb51 d9ca240dc8ceD50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e96321cd00 979a 497f b8a4 279b41ab032156a03690 63b8 4975 853f fac13092849b 9
幸福な食卓

幸福な食卓 瀬尾まいこ

いろんな問題を抱える家族の事情が、長女の視点で描かれている。 でも家族思いな家族で、不思議。 穏やかそうな、ゆったりした印象の空気感の中に、なかなかショックな出来事が描かれていて、ゆっくり乗り越えて行く感じ。 不思議で、仲良くて、問題を抱えた家族の素直な感じが印象にのこる。 家族団らんという平和な家族じゃななのに、食卓や食べること、だれかと食べることが描いていることで、なんだかちゃんとした家族な気がした。

08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ec75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e952c763f7 7434 4184 8bd5 b00a8c1684a5677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6A717c245 52ca 473f add7 f3698fc39601Icon user placeholderIcon user placeholder 20
ありがとう、さようなら

ありがとう、さようなら 瀬尾まいこ

どう考えても先生という仕事はダルい。 年頃の難しい子どもたちと毎日接しなければいけないし、残業手当はつかないし、部活が一生懸命になったら一年で350日くらいは働くことになる。どう考えてもダルい。 でも、ごく稀にその年代の集団にしか起こすことができないようは奇跡的な現場に立ち会うことができる。そんな仕事は先生以外にはないのかなとも思う、そんな一冊。

僕らのご飯は明日で待ってる

僕らのご飯は明日で待ってる 瀬尾まいこ

「入院して思ったんだ。会いたい人とか一緒にいて楽しいって人って何人かいるけど、でも、いろんなことを平気にしてくれるのはイエスだけだって。イエスがいたから点滴なんて朝飯前になったし、あんなに恐ろしいって思ってた手術も余裕だった。なんでも大丈夫にしてくれるのはイエスだけだよ。そう思ったら十分一緒にいる意味がある」 と言った小春のこのセリフ。一番ぐっと来た。 わたしが入院したときとおんなじ。わたしはこの感情を祖母に思った。でも手術前は誰といても現実逃避したくなったし、なんでこんな目にあわなきゃいけないの、って何度も泣いた。 つらいこともあなたといれば朝飯前、そんなに想うことのできる相手といつか一緒になれる日が来たらいいな。

4225c5c8 10f3 48ed bf29 51aa6fcaa35aF6c4487c b640 4480 993b f9ddc1e13683B3bc024c 3e45 4d54 8184 d0b5f9e1ef8e412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f41b6a81c0 7b93 4961 a437 65bec3f27d0212fc7ba8 8fd0 4f76 81eb 30031ca9595c5baa8896 7f5c 441d bfc6 8317265863d9 9
強運の持ち主

強運の持ち主 瀬尾まいこ

優しい気持ちのまま読み終わる本。一歩を踏み出す人達を沢山見れる。悲しい事があった時こそこれくらいふわっと優しい本も良いかもしれない。

A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc6560402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a0008f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ecIcon user placeholderA1afb250 48b2 4331 ba03 1e6d780cc6924225c5c8 10f3 48ed bf29 51aa6fcaa35a1aedee78 7991 4923 95bf ecf992e5f8f8 40
あと少し、もう少し

あと少し、もう少し 瀬尾まいこ

運動系にうとい私が、面白いと感じるだろうかと思いつつ、大好きな瀬尾作品だから読んでみました。 駅伝が、襷を繋ぐとゆう事がこんなに意味のある事だと知らずにいました。この作品の登場人物1人1人の苦悩を乗り越えようとする気持ちに似たようなものを、現実に駅伝をされている選手たちは抱えているのかなと思うと走っている姿を見てみたくなりました。

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d29218400a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10C4dcbd2a d953 41e9 8014 dd3fce0f512a121a33fe 3aeb 4bfe 83bd 7481eb1fe2c963cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c61A8e8874a 488a 4dc3 b8cc 892a116e533f48b86f85 c709 4f4e bb51 d9ca240dc8ce 48