灘谷航の本

猫暮らしのゲーマーさん(1)

猫暮らしのゲーマーさん(1) 灘谷航

29歳・独身、重度のゲーマー。 そんな彼女が、ひょんな事から猫を飼うことに。 生後2ヶ月くらいのオス。 これから成長していく過程も楽しみですね。 よく「独女が猫を飼うと婚期が遠のく」…なんて聞きますが、この天使の様な愛らしさを見たら、そりゃ猫に夢中になりますわな。 しかもゲーマーだからインドアだし、仕事に対しても“残業を絶対に断る女”を貫いていて。 でもそれがとても楽しそうで、こういう一面もあるのだと知るきっかけになる本になれば良いですよね。 あ〜、羨ましいです!猫のいる生活!!

ねこったけ! 1

ねこったけ! 1 灘谷航

少年漫画なのに表紙は猫。猫だけ。 猫エッセイかな?と思っていたが、読み始めるとそこは少年漫画。 猫好きな少年が猫道?を極めた人物を師匠と仰いでついていき、猫愛を深めていく。 そして、表紙が猫オンリーなだけあって猫の描写がかわいい。煮干しを奪い取る玉子さんのアングルは猫好きならではな気がする。

ねこったけ! 2

ねこったけ! 2 灘谷航

地域の猫を無理矢理連れ去っていく謎の団体。ポケモンでいうロケット団的な存在なのかと思ったら、そうではなくて少し安心。 犬を子猫に近付ける話は、理解のない人が影響を受けて真似したら嫌だなーと思う話だった。現実的には万が一犬が噛み付いたりしたらシャレにならないので、柵で適度な距離を保つとかの対策も加えて欲しかったかなと思う。 最後の女優さんの話、実際本当にこんな事考えている人はいそうだが、この話ではちゃんとハッピーエンドになる。