片岡義男の本

珈琲が呼ぶ

珈琲が呼ぶ 片岡義男

コーヒーについて片岡義男が書いた文章はほとんどないのだという。これまで読んできた彼の文章にはほぼ全てコーヒーが登場した気がするが、確かに正面からコーヒーについて扱った文章はなかった、、、のかなあ。本書は随筆集。コーヒーそのものについての文もあれば、いつものようにコーヒーから連想される映画・曲などについての文や、あちこちの喫茶店についての随想もあり。1939年に発表された『一杯のコーヒーから』に服部良一と藤浦洸が込めた意図に思いをはせる『小鳥さえずる春も来る』、こういうレンズの向け方が片岡義男は実にうまい。

6ee099c2 876b 42c6 a86e a50b5b0d369bC85cacc0 63d2 44b0 bb5f 963d98466da9151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2410023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c
うっとり、チョコレート

うっとり、チョコレート 伊藤まさこ

チョコレートを切り口として、エッセイストや小説家、タレントの文章が一堂に会しました!という作品。 勉強になった。 そして、ああ人の感性ってばらばらで雑多でわけわかんなくて、 だから人と話すのは面白いんだなぁと思った。

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921848361a42b c96a 48a7 b536 1855e6c2d3d6D4139b3c 2ba4 4c30 901a 8a8f374739499c8fb263 ada0 460c ab02 e8ce70259afd20bdbde9 151e 4f80 baf3 01d3999b85462cfb38dd d698 4ead 8b37 a889ebec5c48 16
猫なんて!

猫なんて! 角田光代

総勢47名の作家による猫話 猫との距離感、間合いがそれぞれでおもしろい 犬派ですが、猫もいいなあ… なんて笑

A79a3eb1 108c 41f6 9191 3ec772c8110bE4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f4475657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b01F0494b87 194b 49b3 b501 bd4f881df8d65ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fBde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c347a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf 8
俺のハートがNOと言う

俺のハートがNOと言う 片岡義男

1年前の彼女に会いに行くべきか。それとも、ほっておくべきか。オートバイのオイルを交換しながら、自分で自分のハートにきいてみる。会わずにおこうか。彼女のいる町は素通りしようか。 NO、それはないよ、会うべきだ、とハートが言う。 だから彼は、熱い陽ざしをかいくぐって北へむかい、彼女に会いにいく。夏の物語が、またひとつ、こうしてはじまる。

文房具を買いに

文房具を買いに 片岡義男

片岡義男さんの2003年の写真文集で、書名にある通り全編文房具の話。2010年の文庫版。 だいたいにおいて私は「日本の文房具は世界一ィィィィイ!!!」みたいなことを思いながら日々もそもそと暮らしているのだけど、この本に収められている洋物文具の写真の質実剛健的な美しさは認めないわけにはいかない。というかむしろくやしい。実際に手に取ると、罫線が揃ってないとかキャップの密閉性が甘いとか裁断と糊付けが汚いとかいった細かい造りで不満が起こってしまうのだけど、佇まいに漂う余裕のある風格にはひたすら圧倒される。ある程度セクシーな姿で棚に並んでないと生き残れないんだろうなと思う。 ブツ撮りの意図や露光条件についても細かく説明していたり、カードやリーガル・パッドの説明の中で、執筆過程や文明論的な話題にまでふっと移行するのもこの本の妙味である。文具エッセイの名著として読み継がれるべき作品。

冬の本

冬の本 天野祐吉

84人の作者のエッセイを集めたもの。 テーマは「冬」と「本」 優れたエッセイはタイトルと書き出しで決まると思っているから、ぱっと開くと、読むべきか読まざるべきかが一目で分かる。 好みも多分にあるのだけれど。 岩瀬成子「歩く人」 蜂飼耳「重さの記憶」 万城目学「どんぐり」 又吉直樹「なにもない冬」 が好き。

8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acIcon user placeholderA1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb9De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c72806f96 416c 40fa 844c f9564f6f2326Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e 9
〆切本2

〆切本2 森鷗外

作家の〆切と家族との係わりなど、前回とはまた違った切り口で面白かったです。子母澤寛の文章に猿出てくるの、なんかの比喩かと思ったらほんとに猿飼ってた

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feIcon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a69607acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d65891d9ec1ac 5b2a 468a a812 e13c9dc1682794d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a308634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 10
万年筆インク紙

万年筆インク紙 片岡義男

一冊まるごと万年筆と紙について書かれた本。万年筆を持った時の感覚、横文字と日本語を書くときの違い、等、万年筆を日頃使っている方が読むと「そうそう!」となるのだろうと思います。万年筆を持ったことすらない私には意味のわからない箇所も多かったですが、セーラー万年筆のハイエースにちょっと興味がわきました。片岡義男さんの文房具についての文章は、いつも楽しそうだなあ。

B1e77ac3 9774 4347 833b 973dcb63ec50D72b8f95 27f1 4dc4 98a5 05515e933b7142ea5ba0 b14e 4e59 8eb3 715b5132d8720959a163 82d6 40fb 98be e921686f5b3430ddfee8 fb46 4d8a 96b5 f91715e54c0019ef990e 8142 47e3 b2af cba2920c8c2a955901a5 0d50 4efe 8c40 bec01a5d4334 15
ずるずる、ラーメン

ずるずる、ラーメン 椎名誠

ラーメンに関する随筆集。 以前読んだ「ずっしり、あんこ」に比べ、感動的な話もなく、どうでも良いような内容ばかりだけど、楽しく読める。 読んだ後の頭の中は完全にラーメン。早くラーメンを食べたい!

B269b024 95e3 439f a195 51e50f65d85fAac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a7642691de89c3f 8172 4db4 a4d1 df85a332742f
彼らと愉快に過ごす―僕の好きな道具について

彼らと愉快に過ごす―僕の好きな道具について 片岡義男

片岡義男さんの1987年の写真文集。「あとがき」によると、「BE-PAL」誌に2年にわたって連載された「僕の好きな道具たち」という記事が元になっていているものの、単行本化にあたり取り上げる品物から全体的に見直されてこの形になっているとのこと。なにしろトップバッターからしてタイプライターなので、掲載誌から想像されるアウトドア的な雰囲気は部分的だ。あくまでも身の回りの道具たちになっている。実用的でありながら美しい写真がたくさん載っていて眼福だし、文章もそれと同じくらい実用的でありながら美しい。 カバーを外すと、本体の表紙が麦藁で編んだような生地に覆われていて、書名はミント色のシールで貼られているというものすごい装丁になっている。南の島の土産物みたいだ。

C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e74638391b43 def9 4029 a3d7 6938e8c9b40e