相沢沙呼の本

小説の神様

小説の神様 相沢沙呼

心臓を鷲掴みにされて思い切り揺さぶられるような物語。 悩んでもがいて苦しんで、でもその先を目指すために歩き出す二人に拍手を。

20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a52008f10434 8670 4c74 8bc4 88920ba2d74fEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a091829aef5 e852 49ca 800e d5b6c8a1b5a62aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab7
雨の降る日は学校に行かない

雨の降る日は学校に行かない 相沢沙呼

わたしたちは、たまたま同じ年に、たまたま近くで生まれただけに過ぎない。 思春期の生きづらさを見事に表現している。作者が男性なのにはビックリしたけど。

34f0bb50 d368 4418 bbe0 8f067711b570Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09Icon user placeholder412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4E1615d76 4c38 40a2 8ca4 c2471e011a0c7c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8efAe9aaec8 d437 4895 aa25 d4f81f7d5b4c 9