眉月じゅんの本

九龍ジェネリックロマンス 1

九龍ジェネリックロマンス 1 眉月じゅん

読み終わって混乱した。 どこか世界観のある恋愛マンガだと思っていたのだけど、ラストの方に向かって「どういう事??」と疑問が生まれてしまった。 不思議な感じ。 まだ掴みきれてないな、と実感しました。 主人公のキャラとしては、タバコを吸う女性というのがアクセントに感じて、そこから“大人の女性”というイメージを持ちました。 タバコとスイカが合う、というのは初耳でしたが…。 大人の恋愛という事だからがっついた感じがなく、逆に距離感測っている感じは共感しました。 女性からの目線だけでなく、男性からも愛しさを含んだような視線も見えて、なんかこう…「男の人が女に対して特別な感情を持つ瞬間の表情って良いな」と思わされました。 自然体なのがすごく素敵な作品です。

0e88b6ff 12ef 4099 a177 cb9fb5f1fc28Icon user placeholderBa452e3e 377d 44e4 a4a3 8309ce4c81ab
恋は雨上がりのように 1

恋は雨上がりのように 1 眉月じゅん

とりあえず8巻まで一気読み。良くできてる。おそらく登場人物のキャラが最初からきちんと決まってるのでぶれないのでしょうね。1巻から3巻までは緊張感もあり、すごーく良かった。それ以降はやや間延び感あり。手応えあったので少し水増ししたのかしら。作家インタビューでも書いてあったが「JKに真顔で告白されても落ちない、そんな自制心のあるオトコは珍しい」はい、その通り。まあ妄想しまくってキュンキュンするのは読み手の自由だしね。でもそうさせる作品は、なかなかないす。 なんかーヒットする漫画って根底に自己救済があるんだよね。俺は何者?私は誰?苦労して試行錯誤して成長してく、みたいな。日本人てそれ好きだよね。僕も大好き。

0e88b6ff 12ef 4099 a177 cb9fb5f1fc2834ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acC2968a4e db20 45df 81b0 703c2e94ca3eIcon user placeholder98f6f760 9688 4dd4 b5f0 160de944ec6d364c4739 6f8a 4cf1 bbf2 e876cbe1b47b 26