神坂次郎の本

画家たちの「戦争」

画家たちの「戦争」 神坂次郎

国立近代美術館で初めて戦争画というものを目にした時、あまりの凄惨さに足が竦み、涙が出た。作者は藤田嗣治であった。信じられなかった。美しい裸婦と猫ばかり描いていたあの藤田が、こんな地獄絵図を描いたのかと。 藤田だけではなかった。当時日本の多くの画家は戦争画を描き、“記録”や“戦意高揚”のために陸軍に利用された。 終戦後、戦争画は国際関係を考慮してタブー視され続けてきたが、この本には多数の戦争画が掲載されており、戦争画とはどういうものか、当時の画家達がどのように戦争に関わっていたかを知ることが出来る貴重な一冊だ。