糸井重里の本

他人だったのに。

他人だったのに。 糸井重里

『小さいことば』シリーズ12冊目。 今年は東京のTOBICHIで買いました。 毎年1冊、10年以上もこの楽しみを享受できることがしあわせです。 糸井さんの1つ1つの言葉の心への沁み渡り方は、 ただ1年分の言葉をまとめただけじゃなくて、 永田さんの構成・編集によるところもあるんじゃないかなぁ。 毎回読み終わる度にさみしい気持ちになるけれど、 今回は3冊目の文庫版もあるから、うれしいです。 そういえば、 はじめてこのシリーズが出た年は、 嫁氏と付き合った年でした。 これからも、この本が出る度に このことを思い出すんだろうなぁ。

古賀史健がまとめた糸井重里のこと。

古賀史健がまとめた糸井重里のこと。 糸井重里

糸井さんが、自分自身のことを語る。 こういう本がずっと欲しかった。 気を許すことのできる古賀さんがインタビュアーになることで、 本当のことを、 本当の言葉で、 誇張することなくまっすぐに語っている気がしました。 個人的に岩田さんとのエピソードにたっぷりページを割かれていて、すごくうれしかったです。 糸井さんと岩田さんのやりとりを、 もっともっと見たかった。 2人とも、心から尊敬しています。

D5863304 76d1 47fe a6fb 48f11f3b63d3F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c616016Icon user placeholderC2553245 84a1 4fc5 9f70 0e2a6896e832Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd
スナック芸大全 (角川文庫 (5776))

スナック芸大全 (角川文庫 (5776)) 糸井重里

ふっと、無くしたゴマポケット版を思い浮かべながら図書館の保存庫からほじくり返してもらう。ノスタルジーからだけでなく、ケータイもネットもない時代の「遊び」はさてこそ21世紀に何かヒントをくれないか、と思ったらYouTubeで是非やってもらいたいくだらないネタとかちょぼちょぼありました。巻末の山口昌男の解説も短文苦手と言いながら、糸井重里の見ていた行間的な何かをピシッと言及していて秀逸。バカ、やろう。

6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b92ba8856 ba0e 4fd9 b549 42afaab3a3afIcon user placeholder5a578748 8af5 466a aca1 96654e80dd5e
夢で会いましょう

夢で会いましょう 村上春樹

一編一編が宝物、とまでいうと言い過ぎだけれどもふとした時に読み返したり、誰かに教えたくなるような、それくらい良い感じの短い文章がたくさん収められていますね。

537111c7 e737 4a8b 89c0 bb5132cef2281df6722b c5f1 4381 a6ef cad8155f68fdFbb0a157 2af9 4de1 a811 774196cf2bfaF1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e514f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b439b58ee90 cd84 4331 b26a 0c71e7131521A10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af3 19
忘れてきた花束。

忘れてきた花束。 糸井重里

糸井さんの小さなことばシリーズ。 やさしく、つよく、おもしろい。

2b3299e3 3f9d 4812 a9c9 d0a1a71dc7ecFbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5470fe9fb 70e0 4f4c a7ec 4115ac19979fB9dfb243 6d9b 4040 b316 a4949b6c4fef14fba5e1 9e67 475e ad4b dceae173c6cb8e410532 95ba 41bb 9afd 9b57a614ae7e41c99d01 a47b 4885 bf48 5bcbf83debe2 8
お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ

お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ 糸井重里

2017/9/14読了 タイトルや出版元の実用寄りな印象からイメージする本の中身ではないなと正直なところ思うけど、この本はすごく面白いです。邱さんの奥様との馴れ初めを糸井さんが聞くところが一番好きかな。糸井さんは結構突っ込んで聞くんだけど、邱さんは核心部分はサラっと流して語るところ。しかも核心部分じゃないところの枝葉の話だけで充分すぎるほど面白いのがまた心憎い。文庫版の後書きが素敵で、自分の中ではまだまだお金に振り回されてるので、このレベルの心境に早くなりたいです。

3918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2bDa825555 b32d 41bf 8dfb c9cc0e6f743c16e57a43 98bd 423a 954d 17865603ee6e344d13b7 53ef 45f2 aeea f22c29672455Icon user placeholder5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16Icon user placeholder 14
思えば、孤独は美しい。

思えば、孤独は美しい。 糸井重里

あっそうだ、トトロのお父さんか!なんて、今更思い出しました。 フンフンと楽しく文字を追って、コーヒーを飲んで、相槌を打てる本でした。ジブリのコピーとかも素晴らしいですし、流石です。尖ってないけど、丸くはない?笑。そんな言葉が溢れていました。 あ。さつきのお父さんだね。正確に言うと。

F217e061 8321 473a bb2f 30bdd9bc1f0dIcon user placeholder51719c79 83ea 4338 b822 8cdc3aa5e49420f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520E7b31124 5efd 4f65 a46f f091cdc3b8156c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Icon user placeholder 41
抱きしめられたい。

抱きしめられたい。 糸井重里

小さいことばシリーズ最新作。 初めて小さいことばシリーズを読んだとき、これだ!と思った。 求めていることにすら気付かなかったことばたちと、本の中で出会えた。

620aec46 390c 4f01 940d a883b56a37703e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2bE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400Icon user placeholder1ffe5bc5 8734 4a50 b571 1fc1d241f3a934bc9a6c a785 44a4 9da7 a6511e30baef9c8c8cfe 3a93 40ed ba26 46e1ada38306 29
混ぜる教育

混ぜる教育 崎谷実穂

APUについて、何が他大学と違うかがわかりやすく第三者の目線から書かれている。知っている人も知らない人も新たな発見が期待できるはず。

黄昏: たそがれ

黄昏: たそがれ 南伸坊

おじさん2人愉快なお出掛け紀行。 天狗のくだりは外では読めません。

694e7e19 4f99 4cea 8f78 73dd7e9aae00E8cb140d 161d 4fde b00f 73b42452522b
悪人正機

悪人正機 吉本隆明

吉本隆明さんは読んだことがなかったのだけど、この本は読みやすかった。

4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b438f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7faDd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f