羽田圭介の本

盗まれた顔

盗まれた顔 羽田圭介

やっと読み終わった…。 掴みは悪くなかったんだけど、毎回毎回同じ書き出しで(閉塞感を演出してるんだろうけど)読み続けるのが辛く、度々中断し、二週間以上かかった。 WOWOWでドラマ化されてるから、再放送の時にはどう料理されたのか見たいと思う。

成功者K

成功者K 羽田圭介

芥川賞受賞後、成功者となったKの生活をリアルに描く。 成功者Kは、羽田圭介本人がモデルなのだろうが、どこまでがフィクションでどこまでがノンフィクションなのか。またどのKが真実なのか読んでいて分からなくなっていく面白さがある。 Kイコール羽田圭介かどうかはわからないが、成功者となったKの心情と、その生活(とりわけ性生活)をここまで開けっ広げに書ける羽田圭介という人は本当に凄いと思った。

81bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1fC0d400f3 81e8 40c6 af29 62ed32c2d0080539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeIcon user placeholder23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d5936cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c7a6fc180 b0dc 460d 9e5a 2b10ab667796 10
メタモルフォシス

メタモルフォシス 羽田圭介

SM小説。想像以上に変態的だった。表題作より後半に収録されている「トーキョーの調教」のほうがアナウンサーと調教という裏表のエッジが効いてて好きだった。変態的なことも小説を通して学べる喜び。

894d171a b1a3 4e1f a614 e852f6a9356dB6efce8b bc9a 4c64 b3f8 4c287e7cd2c8314f7ea2 249e 4cf3 8df2 71b055189519
文藝春秋 2015年 9月号

文藝春秋 2015年 9月号 立花隆

P333 「平凡かどうかだけで判断すると、非凡アピール大会になり下がってしまわへんか?ほんで、反対に新しいものを端から否定すると、技術アピール大会になり下がってしまわへんか?ほんで両方を上手く混ぜてるものだけをよしとするとバランス大会になり下がってしまわへんか?」

58487e20 209f 4522 bfd6 8ec9e2bc5507F76415e7 9ee8 4e3c 8c26 65aaaa3263a65cae61a8 b4f4 4bfc 9274 7fcfbfc38dbc
スクラップ・アンド・ビルド

スクラップ・アンド・ビルド 羽田圭介

今の介護のリアルが完結な文章に凝縮されていると思いました。さすが芥川賞。 最初、描写に冷たさを感じたけれど意外にも良い読後感。 自宅での介護は本当に大変なことも伝わってきて、おじいちゃんと暮らすことを通じて主人公は成長したのだと思います。 それを乾燥気味に裏側から描いている感じが面白かったです。

58c86ea8 c7f5 49d7 93bc 609b5abdc4ccE638be73 d93b 4e1e 9581 7524f4f027148f6d6436 5bfe 42c4 b7e5 9ac73f0999fdF43ccd27 5c18 4219 9719 a64bb0dc0f4dD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f6279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204a 108
5時過ぎランチ

5時過ぎランチ 羽田圭介

ランチもマトモに食べられないほどブラックな仕事をしている各々三人。それぞれに絶体絶命な事件に巻き込まれても。やっぱり仕事好きだーって思っちゃう人達。 アルバイトの女の子が頑張る「グリーンゾーン 」が好きだ。

Icon user placeholder300fa27c a51c 4d1e bf64 f1c6f4be616fFafd6f3d 78f3 4fdc 93d0 c073cc2ad00a1cdb2a9c 737e 4830 baac 6fa336e724af81bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1fIcon user placeholder
隠し事

隠し事 羽田圭介

著者のデビュー作「黒冷水」が兄弟間のストーキングならば こちらは恋人間のストーキング、のような内容。 彼女のメールを怪しむ…これだけの事でここまで話を引っ張れるのはすごい。 けど少しモヤモヤが残る終わり方だったのが…うーん。 ま、羽田作品ではよくある事

メタモルフォシス

メタモルフォシス 羽田圭介

痛い描写が苦手なのでSMシーンは辛かったが、熱を感じる小説だった。自己の存在を見つめるあまりに、その目が自身の奥へ奥へとはまり込んでいく、そんな感覚を持った。

35934bab d113 451f ae9a 9af0f7411caf3bdd9fe2 4cf5 4c23 97bd 8dc3a486278d2e5dc871 06cd 477d a58b 269c9a23520903e234e4 e0fa 4c94 a222 0416377d220062a5ecc3 7f93 461a bbd6 49a4ebdbd2e54efef814 ad6a 46a5 84c0 6f7f2b6d1bb668f86703 9730 41e7 9399 307130bdb77c 8
「ワタクシハ」

「ワタクシハ」 羽田圭介

何者に続いて就活関連で読んだ。就活の苦しさを描く本は、いまの状況に感謝できるから好き。個人的には、芦花公園、前橋など、馴染みの地名が出てきて親近感。

1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5f3d93e260 4419 4886 aad9 fd3f5c86706bEda3fd66 ae9b 4852 a5ce f2a705f2a6d6