花村萬月の本

錏娥哢奼

錏娥哢奼 花村萬月

伊賀には表と裏がある。八劔なる裏伊賀の忍者たちは、血を掛け合わせて人材を生み出す謎の集団。元和5年、八劔に美しく能力を備えた赤子・錏娥哢〓(あがるた)が誕生する。忍びの技を修練し、見目も麗しく成長。いくつかの旅で男たちと交わり、ますます妖しく輝きを放つ。寛永14年、錏娥哢〓(あがるた)は天草四郎時貞を追って島原に潜入する。島原の乱異聞ともいうべき、破天荒、前代未聞の忍者小説。 錏娥哢〓(あがるた)は常人離れした美貌と忍び技を兼ね備えた裏伊賀の女忍者。まさに島原の乱の渦中にあった。一揆を煽動する時貞。時に彼を手助けする錏娥哢〓(あがるた)。だが、強大な幕府軍の攻撃の前に、ついに一揆は潰えてしまう。裏伊賀と根本的に対立する存在である徳川家康の正体を知った彼女は、これを滅ぼすため、江戸へ。果たして難敵と勝負はいかに…。歴史小説の枠を超えた傑作エンタテインメント。

希望

希望 花村萬月

少し情けない青年が強烈な個性の人物達に翻弄され転げ落ちていく様は惜春を彷彿とさせやはり面白い。こちらはそれにポジティブ分量が少し多いぶん軽く読める

風転〈上〉

風転〈上〉 花村萬月

最近読んだ中では一番のめり込んで一気に読んだ本。 上中下巻。 ヒカルの成長ぶりが読んでて清々しい。 登場人物はどれも個性豊か。特に夏美の危なかしい不安定さに惹かれる。 三巻合わせるとものすごいページ数になるけれど、心配なかった。 面白くて面白くて、2日で読み切った。 エンディングは予想を裏切られてモヤモヤとしたけれど、それでも読了後の充実感は十分。

♂♀

♂♀ 花村萬月

青い左眼をした沙奈とのセックスのあと、気がつけば快速に乗り新宿に着いていた。慾望はすでに発散しつくしているのに-。幼い日に、私は性技を教えこまれた。無数の女と経験を重ねた。だが、作家として暮す現在は、いわば自分本位の性を貪っているのだった。歌舞伎町の覗き部屋を訪れた私は、どこまでも対照的な女たち、美和と奈々に出逢う。鬼才が、幻想と本能を描き尽くす。

惜春

惜春 花村萬月

人の心が描かれた作品だと感じました。 どこか、寂しくて どこか、悲しくて どこか、割り切れない 人間味みたいなものがにじみ出て。 胸が締め付けられる。 人が生きるって、簡単じゃないですね。

日蝕えつきる

日蝕えつきる 花村萬月

天明六年正月元日の日蝕皆既(皆既日食)をテーマにして5つの物語を集めた短編集なのかな? まだ最初の飯盛女の話しか読んでいないけど、全体に黒い陰が覆いかぶさって読んでいてぞわっとする。細かい描写が鮮明に眼の前で起きているかのようなイメージを引き起こす。

562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49aC650edbe f538 4d2e b1a2 5a08d1af82f4