茂木健一郎の本

41jzx0hwhml

心が宿る器官「脳」を思考によって分析、そして生きやすくする事を目的として書かれた茂木さんの本です。 茂木さんの本によく出てくる単語が詳しく、丁寧に解説されています。「偶有性」とか「セレンディピティ」とか「エラン・ヴィタール」とか「世界知」とか「生活知」とかです。 それぞれの解説については読んで頂ければわかるとして、これらの単語と意味が広まるのはとても意義ある事と思いました。特に「偶有性」「世界知」「生活知」については。 脳の整理を目的としながらも、私は素直に読めばいわゆる哲学の話しだと思いました。どうやってこのいわゆる『素晴らしきろくでもない世界』を生きていけば良いか?という事を茂木さんは脳を整理する、と表現しているではないかと。 また、中でも気になったのは『主語を入れ替える』事です。 話しが長くなってしまうので、思い切って省略すると、この話しはリベラリズムの話しなのでは?と思われました。公正さに根差したリベラリズムって奴です。またその事を実践する為の思考を構築する話しなのです。「社会のどこに生まれても自分は耐えられるか」という反実仮想を迫るものであり、機会平等と最小不幸を主張するというあの、リベラリズムって奴です。「公平さ」と置き換えてもこの場合良いと思います。 ただ結論近くに不安を乗り越える為に出てくる解決方法が少し気になりました。茂木さんは「根拠の無い自信」が大事だというのです。小さな成功体験を大事にチャレンジしろと。ここの所には少し違和感を覚えました。根拠の無い自信を持つ事が難しいから誰もが不安を覚えるのだと思います。私は「根拠の無い自信」より「覚悟」が出来るかどうかだと思います。 上手くいかなくても、自身がベストを尽くせば結果は仕方が無いではないかと。時間もお金も制限無くかけても人の世に100%はありませんし。また何事も上手くいかせ様とはちょっと虫が良すぎると思うのです。みんなちょっとづつ迷惑かけあってしか生きられないですし。結果を受け入れる事が責任を背負う事なのではと。良い結果でも悪い結果でも。あるいは深く傷つく結果であったとしても。私もそうできたらな、と思って生きているのですが。なかなか徹底できませんが。 2007 1月

41shzie44vl

イノベーションにおいて大事なことは、自由に発想するとともにロジックを突き詰めること。

51gqezndy9l

続編なので一部前回の内容から引用したりする部分があるので第一弾を読んでから読むともっと読みやすいかなあ。ネガティヴの先にポジティブは考えたことはなかったし、ポジティブの定義もいい意味で変えられた。あとやっぱりすごい人たちは習慣化していくことが当たり前にできていると思う。

41n7xl1nv8l

この人の書いた本はつまらない

31hfedsncgl

ふっと活字に目を落として読み始めてから、その話の終わりまで没頭して読んでしまう。 そのくらい簡潔な描写と人物の会話だけで構成されていて一気に引き込まれる。 簡潔だけど適確なので、登場人物たちの苦悩や逡巡や不安が痛切に迫ってくる。 どの話も冒険譚でもラブストーリーでも無いし、どちらかというと地味な題材なのに静かに興奮してしまう。 まだ1月だけど今年読んだ本ベストになりそう。

41sxi%2bswe8l

読書のあいまにちょっとずつ読みたくなる そしてまた読書したくなる

21d4e0ce 7713 4310 a55c be98f03b2f8627baf9a0 87ad 46bd bec1 37d5809ec623
4151bjbydml

あなたもこれでアハ体験!

51sbfppcopl

脳科学者の茂木先生の本。 他の著作と違ってかなーり分かりやすい、子供でも抵抗なく読める、内容になってます。 脳科学を土台に日々の暮らし方にヒントをくれるオススメの一冊。

41xgdweavsl

諸所で自慢が表れている。

41iv9z gusl

結構前の藝大についてですが、あまりにも油画の学生を買いかぶりすぎというか、フィルターかけて見てるなという印象でした。変わったことをするからといって人として変わっているわけではありません。 「科学する心」の話で、科学とは他人の心を思いやることに似ているという話が興味深かったです。月の立場になって地球を回ってるところを想像するなど、心の理論は人間だけが持っていると言われてます。 荒川修作さんのバリアフリーなんて、クソくらえだ!と言ってたのが好きでした。

3d6d2d0b f7a7 4d7e 9b0b 45372df7e6faA6c344a0 7060 4b5a b38c d080f8cdc3b1B4c39e33 cdef 49e9 9630 2ec692a56a656cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c404e5529 e7de 4907 bf3b 5a2a160835a54e17dab7 c53d 45fa b283 3bf1f56b6a4b583aa2f4 bbfc 4e9d b370 6b34ee362f79 8
51 bocejaql

英語を日本語に変換して考えないで英語で考える訓練と、英語を母国語とする人種の思考法や文化などを理解する事。これ、櫛田健児さんの「バイカルチャーと日本人」で言っている事と同じ。勉強になります。

51fq8fr6sbl

「自分には何でもできる」と根拠なく思い込む。そうして、「アウェー」に果敢に挑んでいくことが大切。

41hxhsfewzl

BS日テレで放送された対談をまとめたもの。 茂木健一郎苦手だし、対談ものを文章で追うが好きではないから、この手の本は避けている。 でも町田康が語ってるなら…が読んだ動機。 町田は、文体から予想はついていたけれど、言葉ひとつひとつにかなりこだわっている。茂木が逆に質問されて、話変えて、が連続していた。 「告白」を書いた背景や、日頃からの文章の書き方、小説に対する考え方がパンクだった。 「書くというのは本当に、技術なんですよね。」 という一言が残った。 書くことは技術なのか。センスや感性ではないのか。言葉の配置をそれぞれに捉えて作っていくってことなのかな。深い。

410%2bdcp5xil

良くも悪くも茂木健一郎。日本人の精神を表す言葉として「ピア・プレッシャー」が登場するが、やはりこれが日本人の思考を制限する大きなリミッターであろう。議論の場、真面目に話す機会が切実に必要である。「ネットで学ぶ」ということを初めて意識させられた作品だったと記憶している。

51mtow5acbl

本能はビビッときっかけを つくってくれる 理性でそれをチェックする そんなところから はじまる深いお話です(^^)

41afaznktvl

あまりにも難しすぎて読み終えたあとに、何一つ得たものがなかった唯一の本。何も思い出せない。誰か要約してラインして下さい。

51qwgspjksl

脳科学者の茂木先生の本。 脳の働きと音楽ってある意味では似てるんですね。 音楽というツールを使って脳科学を明快にレクチャーしてます。

51gykh ichl

『最初は努力、つまり強度のある負荷がかかってもいつかそれを「あたりまえの行為」へと変身させる。』 『目の前の努力を「頑張る行為」と意識せず、何も意識せずに行えるよう「習慣化」することが成功への近道』 無意識を成長させたいものだ。

6fd0c424 47d4 47bf 9b28 ccdedbaaec2886de3634 0883 402d b891 d2d7f454990b007e1635 aeb2 49d2 9651 5a2925ef1b29E8f78ba3 e7f1 45e1 8fa0 7f45fcdc99e0F23507d4 4c44 4905 bd44 14be90bf16845daad77a 8494 40ab b3e9 56c615d996c6C8512912 7e27 4731 b3f8 e5826452b59d 12
51twords%2b7l

わくわくする。想像力掻き立てられる一冊。いつか行ってみたいなぁ

41h7qxc1ydl

繰り返し読みたくなる本。茂木健一郎の話が一番よかった

099b3961 f363 41a9 a434 b5ada3475911Ae08560c be6c 4bf8 bc6c fc29bc99a611E00057c8 45fa 4557 9dbe 8fb12df4bc1c