菊池幸見の本

走れ、健次郎

走れ、健次郎 菊池幸見

ずっと沿道を走っている健次郎。読み始めはなかなか難しい本だと思ったが、読み進めていくうちに、本当にマラソンを見ているような錯覚さえした。彼の走っている様子を想像し、応援しながら読んだ。