落合陽一の本

日本進化論

日本進化論 落合陽一

テクノフォビアやシルバー民主主義という阻害事項があってもテクノロジーで代替がきくのであればどんどん代わってもらい。時間も人も有限で貴重ですので。

4225c5c8 10f3 48ed bf29 51aa6fcaa35a5e8ad747 0dcc 4283 86d7 44328891f5b7Icon user placeholderIcon user placeholderB6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff2C4e0f889 81d4 4002 9009 452bb68478a2C120e3f0 b04f 45da b43d 3c92fa4c4ae4 15
デジタルネイチャー 生態系を為す汎神化した計算機による侘と寂

デジタルネイチャー 生態系を為す汎神化した計算機による侘と寂 落合陽一

巷で言われているほど難しくはないです。日頃落合さんが仰っていることが具体的に記されています。 個人的には第3章で議論されていた、オープンソース化による社会の変化に胸が高鳴りました。 「すべての個人は個別の最適解を持ちうる上、標準化はあまり意味を持たず、最適解は時系列と環境によって異なる。」 非中央集権的なシステム(ブロックチェーンなど)による社会のオープンソース化は、これまで不可能だった個人の最適化を可能にします。それにより人々は個別の価値観を持つことが可能になるという主張です。 現代の我々の社会は均質的思考が求められ、時にそれが苦悩の種になりますが、今後人と違うことが否定されない社会になると予測してくれることに、私は将来に希望を持つことができました。

F32c7241 9f05 4143 8ffd 1263c60db098Fc228826 6ca1 4233 9415 219bd163bf955201fae1 0a80 44ae 8636 ca6f24bcf2fc5cb785f6 75ed 4034 9872 f56c62ef28688302aa5b 7e6f 405d 8177 28cc53c2f82bIcon user placeholderB46bc3c4 6279 4489 9c62 8eb16ad583bb 29
日本再興戦略

日本再興戦略 落合陽一

なんにしても、自分の考えを自信持って他者に提示できるのはすごいですよね。

Icon user placeholderD5ee2898 2a6a 4405 86c0 f41bc085666c7ca6cc2e 6279 4207 8718 829f130c661e3492b0da 5797 49c6 aa86 b29efe6f65b3116ba7b3 6dd7 4d80 a256 d36d29a292a60fdb3dd0 7c2a 4818 93ca 699158a5db7e90f78adc 7c7d 40ae 9a43 a1ece6016514 102
これからの世界をつくる仲間たちへ

これからの世界をつくる仲間たちへ 落合陽一

なんとも厳しい未来の指南書。現実を改めて目の前に突きつけられた気分だ。 これからの未来を生き抜くためには、ジェネラリストでは生きていけない。専門性のあるスペシャリストだ、と言うことは、リンダクラットンの『ワークシフト』にも、同様のことが書いてあった。(本書では、変態とよんでいた。笑) 未来を冷静に予測すれば、そのことはよく分かるはず。でも、未だに大企業や公務員を目指す人の数は変わらないような気がする。 落合さんの意思を受け継ぐ若者がどれくらいいるのだろう。これだけの情熱と興味と多様な造詣を持つ人はそういない。俺も!私も!と、みんなが彼のようなスペシャリストになることは難しいし、そんなことはきっと百も承だろう。1万人のうちの数人にでも届けばいい、正しくこれから世界をつくる限られた仲間に向けた言葉だったように感じました。厳しいなぁ。でも、正直だなぁ。 自分は仲間になれなくとも、機械にはないモチベーションを持ち、自分のオリジナリティーと、提供できる価値を考え続けていたい。

D185170c 2f70 489b 850b b8a6813d64e60fdb3dd0 7c2a 4818 93ca 699158a5db7e7dafe6f7 2691 4cf0 8054 9ee6a34ef9aaFc228826 6ca1 4233 9415 219bd163bf9501ed1e15 1ba1 4093 95e6 ef497caa07362992179d c969 4d35 a007 618eeff47f6890145982 6072 4ffe 89b7 1620a3e54bf1 26
魔法の世紀

魔法の世紀 落合陽一

映像の世紀から魔法の世紀へ デジタルネイチャーの時代、大切なのはモチベーションとビジョン つまり、楽しむ心

116ba7b3 6dd7 4d80 a256 d36d29a292a6Fc228826 6ca1 4233 9415 219bd163bf9548b86f85 c709 4f4e bb51 d9ca240dc8ceIcon user placeholder01ed1e15 1ba1 4093 95e6 ef497caa073650000362 fe6e 460b a08a e06ba07d19a490145982 6072 4ffe 89b7 1620a3e54bf1 29
静かなる革命へのブループリント: この国の未来をつくる7つの対話

静かなる革命へのブループリント: この国の未来をつくる7つの対話 宇野常寛

国籍や人種に関係なく様々な人が様々な国で入りみだれ、共に働き、共に遊ぶ世界・社会がすぐに来る。どこでも働け得るようになるだろうし、どこにでも住めるようになる。その時に、日本を選んでもらうには、美(文化)をアップデートしなければいけない。どういう美を推し進めたら日本は生き残れるのだろうか。達成したい社会と美、カルチャ−が繋がっていることをもっと認識するべき。猪子さんみたいな人がもっと増えていけば面白いなあ!

Dbcaab77 ee07 4dd2 9a69 ecd21f09e714E3e0b622 91f5 4a43 a8e8 3fffa6026ca2
0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる 学ぶ人と育てる人のための教科書

0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる 学ぶ人と育てる人のための教科書 落合陽一

生き方の可能性を広げるためには、自分を表現する能力を持つことが必要となる。表現するには自分の言葉で伝えられる能力、深い思考を行う習慣等、子供の頃から積み重ねて行けるものもある。 学びを面白いと感じ主体的に取り組める環境もとても大切なものとなる。

Icon user placeholder6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c8361a42b c96a 48a7 b536 1855e6c2d3d6238078c4 4835 4fe4 a271 de34ce20d5995aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beAc6df22e cb2c 4cc3 b2e3 a8819da8055a3bb135fa 3fa6 4bca 860f 1151c8225bda 36
10年後の仕事図鑑

10年後の仕事図鑑 堀江貴文

AIに仕事を奪われることに恐れを感じる必要はなく、反対にAIの性質や機械学習に我々の仕事をさせれば良いと説く本著。 それって堀江さんだから言えるんじゃないのと斜に構えてしまった私は、いずれ消滅するであろう仕事にこのまま従事し続けるのだろう....

7e81764b d660 40d8 820e f9f626ca5c105e8ad747 0dcc 4283 86d7 44328891f5b7Icon user placeholderD5527a04 8b31 4bc4 b108 06338e3cd75dIcon user placeholder306d24ad a35d 4741 ab55 6db05468d04d90f78adc 7c7d 40ae 9a43 a1ece6016514 139
魔法の世紀

魔法の世紀 落合陽一

著者によれば「映像の世紀」の次にやってくるのは「魔法の世紀」だといいます。メディアアートというものを恥ずかしながら知らなかったのですが、人間中心主義を超越し、異なる次元の問題を等価に処理することで、あらゆる場所に同時に存在しているように振る舞える世界を私も見てみたいです。魔法という割にメディアの歴史と未来を時に専門用語も交えて多方面から書き尽くしていて、決して易しくないその骨太な内容が、口先だけのビジネス書とは一線を画していて逆に好印象。飲みながら延々と話を聞いていたくなるような夢とロマンがありました。

Dcaf7791 259a 4709 ae89 50d593358dc3F3143f54 537d 40eb afda 6015c83d8d86E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b1813339c7 2d65 4b2d b2ac c5f4648b8d950857be53 5037 4f47 8418 6ec0d377595c