諏訪宗篤の本

茶屋四郎次郎、伊賀を駆ける

茶屋四郎次郎、伊賀を駆ける 諏訪宗篤

朝日時代小説大賞受賞作品。 焦りながらページをめくって、家康のお供になったかの如く焦って読んでしまった。「家康の伊賀越え」は、有名な話です。何の説明もなくても大筋は掴めているので、後はただ読み進めるのみ!笑 知らない人は、ちょっと調べてから読んだ方が話に没頭出来るかも。調べなくても理解できます。 策略巡る戦国時代。信長の死は、想像が尽きないです。