越谷オサムの本

魔法使いと副店長

魔法使いと副店長 越谷オサム

軽いハートフルなお話しだと思って読み始めたんだけど。ダークな底があって。子を持つ親としてウルウルしました。 「陽だまりの彼女」もこんな空気感なのかなぁ。映画しか見なかった⤵︎読んでみょかな

金曜のバカ

金曜のバカ 越谷オサム

青春を感じる短編集。 『金曜のバカ』のくだらなさ 『星とミルクティー』のロマンチックさ 『この街』の青年の未熟さ がお気に入り。

801b729b bcd2 4b37 b551 347358baccc4A1e991ac 09c1 47ee 9820 784f161ca292538eee8c 0672 4b8f 85e7 c4c452d8850fEb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053Cecefe31 09f2 453f 8ac4 b619596ccc217c3cb58c 36cf 4a05 8a24 68f4c0eefa14F74cd29a 9994 4b78 87f9 bf9ffd937eca 30
いとみち 三の糸

いとみち 三の糸 越谷オサム

相変わらず引き込まれてしまうキャラクター。新しい門出に、これまでの全てが返ってくる感じが、送り出す親のような気持ちになる。人の意思や思い出は、繋がっていく。

いとみち

いとみち 越谷オサム

超絶ヘタレな津軽少女が、不器用ながらも人と関わっていくことで、深く人と関わるという当たり前のことの大事さを感じる。

Icon user placeholder08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ecEb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c05352b7fc0d 3899 440d 9d78 8219f29968444ec31c00 de3c 46bd a047 3ddfdf3fc90238b402f6 b97b 4604 bb72 36e782b286ca4527a25d 1d47 40b1 aec5 86cceb8515e7 8