辻田真佐憲の本

たのしいプロパガンダ

たのしいプロパガンダ 辻田真佐憲

タイトル「たのしいプロパガンダ」は主題「本当は怖いプロパガンダ」の意でもある。「戦前の日本人に高い道徳心があったのだとすれば、どうして無責任な軍の高官が生まれたのだろう」との「永遠の0」の矛盾点を突く。さまざまな情報、表現の意図するものを読む思考実験こそが必要と作者はとく。スタンフォード監獄実験でもわかるように、ただ中にいた時、抜け出すのは非常に難しいことを肝に命じていこう。

47e79340 66ee 4a21 b6bf 584493fa920bEf929240 801e 4415 8afd 3f319236b8caDbec6678 84a0 4664 8483 d794f0843a9b86998dd4 d8d4 44ed bd07 1303150432da
ふしぎな君が代

ふしぎな君が代 辻田真佐憲

知ってるようで知らない君が代の世界。君が代は戦前においても、絶対的な国家ではなかったし、そもそも最初に作られた時と現行のものは、メロディが違うんだ!