酒井和男の本

天使の囀り

天使の囀り 貴志祐介

寄生虫ホラー!すごく楽しく、一晩で読みきってしまいました。昔読んだパラサイト・イヴを思い出しました。天使の囀りもぞくぞくしますが、私は主人公の誰かの役に立ちたい、その誰かへの固執や渇望が、なにか、寄生虫のような感じがして一番恐ろしかったです。

Cc6fcec3 d1dd 4fb7 97dc 155aaca949c1D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a20415fd6 77e5 4cd2 a8fa b55ec01882a1Icon user placeholderIcon user placeholderCa87addb 20f5 4d85 9707 4df409beb9a2F76b7470 f449 4b91 aa64 c9ef4fc60f54 46