酒井順子の本

男尊女子

男尊女子 酒井順子

酒井さんのネーミングはとても的を得ていると感じた。母親からの娘への呪いも含め女が女自身を下に見ているが故の「男尊女子」男性の意識の問題よりも深いかも知れない。

源氏姉妹

源氏姉妹 酒井順子

源氏物語を女性側から書いたというか、考察したエッセイ。源氏物語をちゃんと読んでなくても、なんとなく知っていれば十分楽しめる。

男尊女子

男尊女子 酒井順子

0204 2020/06/16読了 男尊女卑について抗議しつつも、自分の中にある男尊女卑の世界を受け入れている部分を認めている。 自分自身にもあるかも…。女性を低く見るなんてひどい!という考えをしているのに、「女ってこういうものだよね」「女だからいいよね」と思っていることが多いことに気づけた一冊。 そう簡単に変えられない意識なんだなと改めて実感した。

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe5db91d57 ea73 4322 a64f cce7542208c6F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Icon user placeholder497c3a12 691e 4572 a291 303879b1d338
朝からスキャンダル

朝からスキャンダル 酒井順子

鉄道の旅、「春」を味わう旅、中高年の旅などなど…、見聞きしたものについてうっすら考察。確かに、何事もナマで見るのとカメラレンズなどを通して見るのでは大違い。文楽やお笑いの舞台に行ってみたくなりました。

ひとくちの甘能

ひとくちの甘能 酒井順子

あんみつ屋とは女にとっての居酒屋である。なんてステキな言葉なんでしょうか 甘味が愛おしくなるそんなエッセイ 装丁は佐藤可士和さん

子の無い人生

子の無い人生 酒井順子

まさしく私本人が結婚5年目の既婚子無しであり、救いを求めるような気持ちで購入しました。 どうしても子供が欲しいという気持ちはなく、自然に任せており不妊治療もしていませんが、平穏な気持ちで過ごしているわけでもありません。 救われるというよりは、やっぱりそうだよね〜と、むしろえぐられた感じの読後感。 女にとっては、結婚しているか否かより、子供がいるかいないかの方が大きい。 結婚し、子供が最低2人いる状態がベストなんだな。そして、いずれ孫を抱き、それで女の人生としての全てのピースが揃う。 自分が死んだ時に、自分の子供に看取ってもらう。 人の幸せは人それぞれ。 しかし、子供のいる女には、決してかなわない。 その事をひしひしと感じました。

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder9fb37280 03c5 4882 9d53 8efeb56507b1F11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4e6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d 15
都と京

都と京 酒井順子

綿矢りさと金原ひとみの違いは京都と東京の違いでもあった。 TVの2時間サスペンスで『京都』という文字をみかけると、チェックせずにはいられない著者による比較文化エッセイ。それにしても、京都出身の作家が少ない、というのには驚いた。

食のほそみち

食のほそみち 酒井順子

わたしが日頃読む「食」に関するエッセイは、日常の食事のありがたみとか特別な会での食事だとかをつらつらと書き連ねていくタイプのものなのですが、酒井順子さんの鋭い洞察力にかかると、日常の食生活はこんなにも「その人そのものを表すもの」と化してしまうのか!と驚きました。 たったそんなことだけで?!と言いたくなるけれど「…たしかに」と妙に納得してしまう説がたくさんありました。そして、名付けの面白さ。笑 「無駄海老」って安直そうだけど、一番的確に表現しきってますし。 わたしの何気ない「食事」にも、わたしを表すあれやこれやが滲み出ていて、もしかしたらそんな所から私は相手に何かしらを感じ取られてるかもしれない…そう思うと、日常に接している食事って、自分を作り上げる要素として切りたくても切り離せない存在なんだなあと痛感しました。 とりあえず、作者の酒井順子さんの観察力には感服します…!

次の人、どうぞ!

次の人、どうぞ! 酒井順子

負け犬の遠吠えの作者によるエッセイ集。平成が終わる時代に変わりゆくいろんなことに軽く批判的に触れる。この手のエッセイ大好き

E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab676c203172 9338 4f25 8b69 7e892d67b668E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c937b06e9 c699 4f5e acd2 74674520b3f7
先達の御意見

先達の御意見 酒井順子

酒井 順子著 文藝春秋 名著「負け犬の遠吠え」の作者酒井 順子さんがいろいろな先輩方と負け犬談議の対談をまとめた対談集です。対談相手の先達には、阿川 佐和子さん、内田 春菊さん、小倉 千加子さん(結婚する事とは何なのかを分析したの名著「結婚の条件」の作者!)、等々計10名の方々との対談です。なかなか楽しい対談集だと思います、若干名おそらく「負け犬の遠吠え」をちゃんと読まないで対談されているのでは?という方もいらっしゃいますが…。 私自身オスの負け犬です。結婚してない、子供いない、30才以上です。が、女でない為に、“女として”という刷り込みはありません(もちろん男としての刷り込みはありますが、恐らく女としての刷り込みよりは自由です。また刷り込みのない人生はありませんよね、日本語を使う事だってある意味刷り込みです)。 女はこうあるべきだ!という刷り込み(もしくは幻想と言っても良いかも知れません)があまりに強すぎる場合に負け犬問題が(私は正直、問題ではないと思いますが)起こっているのだと認識しています。刷り込みから自由になるのは難しい事ですが、それぞれ人は違って良いし、他人に必要以上の迷惑をかけなければ(もっとも、生きていれば他人に接する事でいろいろ影響をかけ合っているのですが、一定以上の影響を迷惑というと私は考えます。ある程度の迷惑はかけて当たり前だと。)その人の責任において自由であるべきだと思います。 著者も本文中で述べていますが、負け犬だから不幸という事はありませんし、勝ち犬が必ずしも幸福であるはずもありません。ただ、他人の目からはいらぬ心配をかけられ、結婚の心配をされ、また、女として『負けて』見られる。女という刷り込みや幻想はとても強いです(そのうえ日本は同調圧力が強すぎると思われます)。もっとも、「負け犬」って単語がインパクト強すぎるのと、新しく酒井さんが単語に付与させた意味が世間的に浸透するまでに時間のギャップがあったので致し方が無い所でもあると思います。 なかなか面白い対談集でした、オススメです。 2007年 1月

地震と独身

地震と独身 酒井順子

未曾有の大災害があった時、自分の根っこを認識せざるを得なかった、独り身たちの行く先。

「芸」と「能」

「芸」と「能」 清水ミチコ

ウケたい=受け入れられたい ってのは気づかなかった! 清水ミチコさんと酒井順子さんの掛け合いのような、知的交流が面白かった。