雫井脩介の本

検察側の罪人 下

検察側の罪人 下 雫井脩介

法 正義 私怨 優先順位の付け方で 始まったボタンのかけ違いの話 緊張感が半端じゃない 傑作

E101218d 49a2 40ac 8c3e ea9f80c66afd8e3e6f50 78ca 4612 81e9 fafc69d4e51dCfbe46a2 0546 4a1d aea0 0888e9efbbcbE2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d0649a553b8 51dd 4dea a6c6 dd456565adceFa452119 0b49 4528 add3 9c8f40c7401e 11
望み

望み 雫井脩介

いやいや実に嫌な話だった… 怪我で部活をやめてからちょっと生活が荒れてる高校生の長男、無断外泊するようになり今度もまた、と思ったら連絡も取れず帰ってもこない。心配しはじめた矢先に同級生が死体で発見されて発見現場から若い男が二人逃げたのが目撃される。一方で近所で長男含め三人の高校生が帰宅しておらず行方不明になっていることが判明しする。果たして自分達の息子は加害者なのか被害者なのか…しつこくつきまとうマスコミとか犯人扱いする町の住人たちとかに悩まされつつ苦悩する両親の姿が描かれる。加害者だとすると生活がめちゃくちゃになるだらうし被害者だと死んでるかも知れない、という葛藤で正直読んでるのが辛かった。よくできた作品と思うけども。

5a363edb 969c 47fb 90f3 26abe3ff712bEb816203 c195 4d42 99c6 a4624202909d89c0ce76 d543 4d54 aa7b 7ec65767885a372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e9
検察側の罪人

検察側の罪人 雫井脩介

映画で知った。正義とは何かを考えさせられる作品。一人でも多くの人に見て欲しいと思う。

2ltps04a normalF6c4487c b640 4480 993b f9ddc1e136836abcf575 1c22 4761 9771 eed2ad8a455f677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6C679b118 7132 4af8 91da 063ee59d4621A287ba40 2de9 4e39 ab54 3b4ed1c5db4aB0ddce66 3497 44ec a0f7 830bfa0af81d 13
犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼

犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼 雫井脩介

今作もキャラがいい感じに立ってます。続編に繋がりそうな終わり方も最高。人間って、興味深い。

6abcf575 1c22 4761 9771 eed2ad8a455f3d955df8 85ac 48a3 8500 f08c77ad5f9408634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cFb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f562c5cbe6 cca6 4f18 9eb3 b509bb526c29
犯人に告ぐ

犯人に告ぐ 雫井脩介

巻島という一人の人間の生きざま。重厚感。胸が熱くなりました!

9fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a896abcf575 1c22 4761 9771 eed2ad8a455fF7d03638 5ecd 4679 b017 f1868161df663d955df8 85ac 48a3 8500 f08c77ad5f94B37a9f23 0b5d 457a 8b08 c5f221174be0Akiaivjyeuyp25rambwa
火の粉

火の粉 雫井脩介

恐怖作品の名作では? こんな隣人はイヤです。

686b99a1 b8c8 49dd 9a76 7526fd038ce4F6c4487c b640 4480 993b f9ddc1e1368322f9e151 9e48 475e 9cdf bf208c4feb8a5d1aa831 413e 4740 b5f5 679b4da2f8b7
途中の一歩 上

途中の一歩 上 雫井脩介

軽快でテンポよく読める一冊。不器用だけど一生懸命で、最後はホロリ。

709fa78e a334 464f a9e5 c62e86c948a15057a02b e42a 49a2 86b2 f2c209bcccd5
火の粉

火の粉 雫井脩介

何ともマッチョな結末 ! ある初老男性(子供も孫も実母の介護も妻に任せきり…)の父性?復権にまつわるお話。 武内の異常さよりも介護につくす尋恵周辺の話が印象に残る。

Dd54ab0d 859d 4c65 b46c b78be6232b9b53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e9704b6a44d bb28 4174 a0c7 6f2f9ea7318dD7000eb0 1104 43f5 9d34 3797b7caa805Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab 37
望み

望み 雫井脩介

現実離れしたテーマではあるが、誰にでも起こりうる。そう考えさせられ、家族というものが大切であると感じた

4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b515cc0f72 f7bb 4035 911e 724d99656147F9573ebe e6ba 4693 ab28 a2620e71aef3D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a
仮面同窓会

仮面同窓会 雫井脩介

途中までは雫井さんらしいなぁと読んでいた。チラチラ見ていたドラマとは雰囲気が違うとも思ったけど…。 で、あっ?というどんでん返し後、そうなるしかないんだろうけど…後味が悪い。 連ドラはどう料理したのかな

8077ed0a 4b29 4269 8c36 2c2aefd71153197d1562 6784 4d5a bd87 ee161200dcba15cc0f72 f7bb 4035 911e 724d99656147E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec9eb09ac2 ba99 4cb6 8dfa eae57a90e0f4686b99a1 b8c8 49dd 9a76 7526fd038ce4675f6c8f 90bf 4d72 b8a5 5933c8ca84aa 9
犯人に告ぐ〈上〉

犯人に告ぐ〈上〉 雫井脩介

劇場型捜査で連続殺人犯を追う警察小説、という設定に惹かれて手に取り、するする読み進めた。 闇に沈んだ犯人をもう一度浮かび上がらせる事、そのためのエサに自分がなる事、つまるところ、この小説はそんな捜査官の物語。 突拍子もない話でありながらも荒唐無稽にならないのは、きちんとリアリティが残されているからだと思った。組織の重たさ、私利私欲、間の悪いミスと、狙い澄ました悪意…。 こんがらがった悲痛と慟哭が、クライマックスに向かって少しずつ混じり合っていき、すました顔も遂には歪んでしまう。特別な盛り上がりはないけれど、静かに熱く終わっていく物語だった。 「おそらく、あの日以降、今に至るまで、救いのない人生を送っていることだと思います。」 逃げ果せたのか、逃げられなかったのか。 或いは、絡まったままだったのか。 読み終わってからずっと、そんな事を考えてしまった。

Cf34c2c6 0804 41a0 8c22 d1fa6319e126Icon user placeholder9a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa35476E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecB0ddce66 3497 44ec a0f7 830bfa0af81dFa7c9bd8 fba5 424a 8307 b5e176404e181589ab15 bc91 4551 83ec 2a88bb4c65a3 11
クローズド・ノート

クローズド・ノート 雫井脩介

少し読んでは保留にして読み直すこと3回目。やっと結末を知ることができました。 少しずつ引き込まれて、まるで伊吹先生のノートを読む香恵みたい。続きが気になるけど、終わってしまうのがもったいないような気持ちで読んでいました。読んでよかった…

B48b98b3 1bf9 4c0a 8f94 a00a3577e258Icon user placeholderCf34c2c6 0804 41a0 8c22 d1fa6319e126E524c3c4 c31b 442b b205 216ab7491779C3659d29 bd5d 4334 9063 68f5cb4121f6D7abed11 56d6 4ea2 a846 f2c2afc481f4D7c409ad 5ff9 41cf b676 cd078bffdbc4 21