高石宏輔の本

声をかける

声をかける 高石宏輔

引き込まれるように読んでしまいました。自分が感じていることを、男性がやっていて、男性目線で綴られていてとても興味深かったです。 最後にたどり着いた場所に、とても心を揺すぶられました。めちゃくちゃ泣いてしまった。「性」に関して感じることがある人は是非、手にとってみてほしい。そして、お話がしたいです。「なんとなく」で過ごしたくない。

Icon user placeholderIcon user placeholder6ce246ea 6801 44c3 bc07 1153d7dd25683925dcbe bbbc 4663 a407 b1c0f7ef41130bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd1756166e13f48 e921 4b68 b385 2cd454af44aa