高野和明の本

13階段

13階段 高野和明

死刑執行までの限られた時間で無実を証明すること。最初から最後までスピード感よく、ジェットコースターサスペンス☆ハラハラ・ドキドキの連続でした

90668aba 9e2e 482e bb0c ac1bf7ce7613811671cc 2d8e 466d 8af8 9f9d8b1ad35eC679b118 7132 4af8 91da 063ee59d46214486bb5d 8e5d 4271 bc93 5ee74cdc95f0
ジェノサイド 下

ジェノサイド 下 高野和明

こんなに凄い本があるなんて。 圧倒的な面白さとテーマの深さがあり、学んで考えて楽しめる、全てにおいてとんでもない、まさにモンスター級のエンターテイメント。 本が好きで良かったと心から思える傑作。

Icon user placeholder840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac749b3bded6 95a2 4ebd 8725 03d6144ab0e52feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592Abe50a7a 80de 4710 9851 43d79de020fcIcon user placeholder 33
13階段

13階段 高野和明

ジェノサイドでハマった高野和明さん、二冊目。 命を奪った者たちが集まり、悩み、力を合わせてあるべき正しい過去を探し出そうとする話。その成果が必ず未来に繋がると信じながら。 この作者の作品はエンタメ要素をしっかり備えつつも、読者に考えさせる明確なテーマが用意されており、今回はそれが「死刑と応報」であると思った。単純な存続論・廃止論にならず、執行者という第三の視点も交えて繰り広げられる、文字通り命を懸けた行いを通じて、本当に色々な事を考えさせられた。死刑に関しては、その数や、具体的手順など、知らなかった事が沢山あった。命を奪うという行為そのものが、いつまでも誰かの何かを削り続けていく。そして、応報の是非とは。 重苦しいテーマを扱いながら、推理小説としてきっちり成立させているところがこの人の巧さだなぁと感じた。楽しませて、考えさせる。高野さん好きの人も、そうでない人も、おススメです。

6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d063d955df8 85ac 48a3 8500 f08c77ad5f942f7d9080 c35b 4b8e a300 64c7f2c54b90B61cf932 1c2a 400a 9bf8 d7c3a05e21dfC86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c72e2bd5c2 bf6a 45ad a814 e566bbb5f7f5682e5bf2 abb6 4033 a15a db47795240d3 78
6時間後に君は死ぬ

6時間後に君は死ぬ 高野和明

『ジェノサイド』とは一味も二味も違う、連作ミステリー。 だれでも思いつきそうでいて、やっぱりだれにも書けない作品なのかな、と思った。

B6426b38 e2bd 494a 9129 a110b99cf27d4745d5ac 1fce 4935 bc20 6da358c1e1a8B4afb615 d2df 4e2e 8c2a e5af57153fbeC06c8117 e1ff 464a a0b3 a143c2552a59825d85f6 07ab 462b 8b77 3b021b87df0132c3f1ee d5ea 4e88 acd1 1801529ff4f045c606a6 fcba 4119 ad14 8bc96e4de7c1 11
グレイヴディッガー

グレイヴディッガー 高野和明

東京がとても広く感じる本。 市井の名もなき悪党が巨悪を滅ぼす瞬間がとても痛快だった。 ただ、幽霊は出して欲しくなかった。

幽霊人命救助隊

幽霊人命救助隊 高野和明

養老孟司氏推薦とありましたが、ちょっと説教臭かった。中だるみ部分を、もうちょっとなんとかしてくれれば、最後は読んでよかったと思わせたので◯

Icon user placeholderEae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e107f984ff 131e 4f80 99d7 0ab8007ce29eC06c8117 e1ff 464a a0b3 a143c2552a5915807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5deIcon user placeholderC7ab8fdb a970 44b0 9fc0 c3793c6e85eb 15
ジェノサイド 上

ジェノサイド 上 高野和明

「人類絶滅の可能性」 「アフリカに新種の生物出現」 たった二分の議論で総括された「生物学上の問題」が持つ、想像のつかない力。 「この生き物の最大の特徴は、一目見ただけで未知の生物だと分かる、ということだ。その瞬間、諸君の頭は混乱するかもしれない。しかし何も考えるな。見つけ次第、直ちに殺せ。ガーディアン作戦における最優先の攻撃目標だ」 戦争の浅はかさと、ヒトの血生臭さに嫌気がさしながら読み進めた。要所で出てくる進化論や生物学上の研究結果にワクワクする。無辜な人々が虐殺されるのか…と案じていたのに、あれ?これどっちがどっちに…?と筋が見えかけたところで急展開、ここから大冒険しかない!というところで上巻終了。ここでやめられるわけがない!

060fabb6 e250 405a bae0 4c00cce28d08840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e015fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cIcon user placeholderC70c8950 1f52 41ea 83f8 44049d97ec04B4afb615 d2df 4e2e 8c2a e5af57153fbeF76b7470 f449 4b91 aa64 c9ef4fc60f54 42