エーリヒ・ケストナーの本

飛ぶ教室

飛ぶ教室 エーリヒ・ケストナー

作家のエッセイのような導入から、作家がこの物語を書き始めて本編スタート。最後はまた書き終えた作家の描写で締めるという、映像を彷彿とさせるようなかっこいい構成。最初は楽しんで読めるか不安になったけれど(文体に馴染めなかったり、学校生活の描写に面白みを感じられるのか疑問になってきたり)3分の1を過ぎたあたりから、一気に読みきりました。言葉で説明してしまうと、ある寄宿学校のクリスマス前後に起きたあれこれ、ということになってしまうのだけれど、唯一あるとすれば、こんな素敵な先生たちが身近にいたらなあということかな。

D84c786f b758 4649 a52b 671a7bb3d29b11ee85c4 d728 4c04 88a3 e3bd08ca9df63bd02b6c e34f 4db6 bba4 6b77853233deBbe7ac86 1927 4179 96ce a5abeeefd167
飛ぶ教室

飛ぶ教室 エーリヒ・ケストナー

男性筆者が創る男の子たちと男の先生の物語。ほっこりするけど甘ったるくなく、爽やかだけどスパイシーではない。女の子のお話を沢山読んでいると、この塩梅がより引き立つように思います。