ポール・オースターの本

冬の日誌

冬の日誌 ポール・オースター

64歳、これから人生の冬の季節を迎えようとする著者(若くもないが後期高齢者でもない)が、自らの過去を振り返り、掘り起こし、レイヤーを剥がしながら、「身体」にまつわる様々な記憶とエピソードを幼少期からの時間軸で綴ったメモワール。かつての自分を「君」と呼び、現在とは一定の距離を保ちながら二人称で語っていくことで、自伝的ではあるがいわゆる自伝ではなく(柴田さんは「ノンフィクション」と書いている』、読んでるこちら自身の記憶も掘り起こされながら、ぐいぐい読まされる。ほとんどオースターの他の小説と同じ面白さ。(原書で)翌年刊行した『内面からの報告書』と対をなす。

5aff05e3 8999 448d a936 073ec23edacb151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Af8dc809 5756 4903 94f5 c4e7debcec391167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f88e4428ab 2e4b 4174 8891 68f56b4dca2f842ac8c5 a8ee 4cb5 b350 7a4d35cad704174636fc 64b0 4154 8e1f 24126c9a62f7 21
幽霊たち

幽霊たち ポール・オースター

私立探偵ブルーは、変装した男ホワイトから、ブラックという男を見張って欲しいう奇妙な依頼を受けた。 ブルーは見張り続けるが、ブラックの日常には何の変化もない。 ブラックは毎日大半の時間、机に向かいただ何かを書いている。 次第にブルーは、ブラックの正体やホワイトの目的を推理して、空想の世界をさ迷うことになる。 ブラックは、はたして毎日何を書いてるのか。 幽霊たちとは、誰のことなのか…。 推理小説としても、もちろん読めますが、それだけじゃない何かがあるのが魅力な一冊です。 その何かが、オースター作品の魅力ですね。

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113
ナショナル・ストーリー・プロジェクト〈1〉

ナショナル・ストーリー・プロジェクト〈1〉 ポール・オースター

ラジオ番組で、ポール・オースターが全米のリスナーに、彼の番組で読む実体験に基づいた短い物語を募集。 すると彼の元には4000を越すストーリーが寄せられたのだという。 その中から選ばれた179の作品がこの文庫版のⅠ、Ⅱの2冊に収められている。 全てを読み終わると、まえがきにあったポール・オースターの言葉が胸に染みてきた。 私たちにはみな内なる人生がある。我々はみな、自分を世界の一部と感じつつ、世界から追放されていると感じてもいる。一人ひとりがみな、己の生の炎をたぎらせている。 本書に収められたさまざまな境遇にある人々の物語を読むと、私たちの生活はバラバラに存在しているのではなく、人種や国境、性別、年齢などを超えた共通の基盤のようなもので繋がっているのかもしれない、と信じられる気がする。 どの人にも語るべき物語がある。 私たちは、その語りに耳をすまさなければならない。

0dfba27c f5f9 41c2 8baa 278f418a4b1f137afbb3 82c6 4043 8153 60142d4591a3D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f07a943f7a e1d2 45e2 a2e6 0478f4cb9501087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811edIcon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 19
ムーン・パレス

ムーン・パレス ポール・オースター

再読。初期の方からポールオースターも読み直しているところですが、これの前の、最後の物たちの国で、を抜かしてこれを読んだわけですが、ここからポールオースターの小説は、ヘヴィーなところとユーモアとのバランスがとれて絶妙な絶望感というか、孤独と邂逅、死にぞこなって生きながらえるその波の反復がやってきた。一方的にカタストロフしていく中にも波があって、再生するインターバルがあって。ただ落ちるジェットコースターではなく、だんだん造りの凝ったルートになっていく。あー、やはり順番に読むべきだった。

Cbe668ff bf8e 4314 915b 5a089a85446669d21e99 b3b3 461b a629 6b943372182b
シティ・オヴ・グラス

シティ・オヴ・グラス ポール・オースター

再読。ニューヨーク三部作の、一作目なのだが、いつもわたしは、幽霊たち、鍵のかかった部屋、シティオブグラスの順番で考えてしまう。内容のわかりやすい順で勝手に並べ替えている。けど、人が破滅するスイッチというのはどこで入るのか。どこまでなら引き返せるのか、どこからが手遅れなのか。とかいうことじゃなくって、もう予め決まっているのかもしれない。予感がするのだろう。予感というか、なにか種が植え込まれる。

0e7d4462 298c 445e 9eef 21c105fe706bBc3177ae 6e5a 40be ae9c 70387b537d39
最後の物たちの国で

最後の物たちの国で ポール・オースター

20年ぶりくらいに再読。現実に孤独と生産性のない生活の極限に追い詰められたとしら、自分の内心の心象風景が、こんな風なのかもしれない、と思った。内側の世界。これが外側の世界になったら、もっと暴力が蔓延すると思う。コーマックマッカーシーのザロードのように。まったく方向性は違うけど。暗喩の世界だから。暴力が少ないのは、孤独と世界からの隔絶の物語だから。

9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dE5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aea38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823E72a569b 81cb 4496 acc3 ac11d91c2064Aecedbc5 4380 43cc 8146 457c3d97375608634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c
トゥルー・ストーリーズ

トゥルー・ストーリーズ ポール・オースター

ポール・オースターが若き日々を語った、日本独自編集のエッセイ集。『ガラスの街』や『ムーン・パレス』のストーリーのもとになったであろう、オースター自らの体験を知れるのは楽しい。野球カードゲームを発明したくだりは笑える。

Af8dc809 5756 4903 94f5 c4e7debcec398c71de8e 6cf1 4c8b ad8a 0ca77013210738e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b182375dd2710 dc1f 4b08 a7b9 20e4b8794ab1
鍵のかかった部屋

鍵のかかった部屋 ポール・オースター

ファンショーのようなひと、というのが、最近村上春樹の羊をめぐる冒険を読んだばかりなので、やはり、鼠とダブるし、ミシェルウェルベックの、素粒子とか、地図と領土の主人公とか、やはりダブるし、もっと言えば、カミュの異邦人の主人公ともダブる。自分の中の瑕、というか、綻びのようなものを、どんどん拡げていって、どんどん自分を壊していくことが止められない。自分を壊すということは、世界を壊すことであり、その世界の中に在る他者も壊すことになって、とにかくブラックホールなのだよな。それはもう言葉ではどうにもならない。ウィルスのような存在。ウィルスのような不在。でもこのウィルスは誰のカラダにも仕込まれている。それを発動させるのは、自分が身を置く世界の何か。それが瑕をつくり体内に浸入し、内在するウィルスと結合して、自壊させていく。世界のなにか、てなんだろう?物を書くって、なんだろう?

7f2fef6c 38d4 4bdf bd91 9842eaa0e6f0Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e3114fce670e 6049 4aa0 8bcb 05ec248d276f174636fc 64b0 4154 8e1f 24126c9a62f740dd21d7 0618 4b4b 9f23 41dec83de31129c0e168 065d 4336 9132 f09c09852483Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176 14