佐渡島庸平の本

WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. 〜現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ〜

WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. 〜現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ〜 佐渡島庸平

漫画編集者であり、コルク代表でもある佐渡島さんが考える、コミュニティの作り方・あり方を綴った本です。 と、ひと言で書くにはあまりに中身が濃くて。 『宇宙兄弟』のグッズを発売した時のウラのお話や、楽天とAmazonの決定的な違いなど、現代のコミュニティで必要なことはなんなのか?佐渡島さんがとことん考えた、その過程を知ることができます。 コミュニティに必要なものは、「熱狂」よりも「安心と安全」。そして、その先に行くには「分かりにくさ」が必要とのこと。この、「分かりにくさ」がまだイマイチ理解できないですが、それはわたしがあまり「熱狂」しないタイプだからかもしれない…。 「孤独」は誰もが付き合わなければならないものですが、LONELYでもALONEじゃなければ、少し心強いかもしれない。

3752ae9e 836c 4e42 8eae f0dec75056102f38f486 1ec2 4ed9 b664 2f4349d5f10f37fbd299 3c32 4329 ac74 56df19e6d4feBb233ae7 f612 4257 b1e2 29a6fda9799fAc667a42 bd40 4b04 a08e cab0eb1c45366b34f651 da9b 466f b85d edb25eb3c69b4fdd1f89 d527 4cba 8ea6 6efb17c912dd 17
マンガがあるじゃないか

マンガがあるじゃないか 蒼井ブルー

「風雲児たち」、「赤ちゃんと僕」を特に読みたくなった! 紹介されてるマンガが結構古かったのがちょっと残念だけど、私もこんな風に読みたいと思わせる書評?を書いてみたい。