池波正太郎の本

鬼平犯科帳 Seazon Best 春分の候

鬼平犯科帳 Seazon Best 春分の候 さいとう・たかを

池波正太郎の鬼平犯科帳、さいとう・たかを版。いきなり時代小説を読むのは重いと思って、GW中になんとなくコミックに手を出してみた。これは大正解。今も昔も、血の通った人間ドラマって熱いよね。

夢の階段

夢の階段 池波正太郎

あの池波さんも初期の作品まだあの作風が完成されてないことがわかります。それでも充分楽しめました。

鬼平犯科帳〈1〉

鬼平犯科帳〈1〉 池波正太郎

アニメとか勘弁。 とか思ってたら読みたくなったので再読。 一巻なので、鬼平ってどんな人?な話が多い。 小説自体かなり前に書かれてるけど、新しささえ感じる。 あと、お腹が空く。ご飯の描写の破壊力。

剣客商売一 剣客商売

剣客商売一 剣客商売 池波正太郎

池波正太郎が思い入れがあったのか、単行本の最後の巻は、自筆の小兵衛像を表紙にしていた。 江戸の粋にふれるのには、一番の本。鬼平より好きな本です。