小池真理子の本

猫なんて!

猫なんて! 角田光代

総勢47名の作家による猫話 猫との距離感、間合いがそれぞれでおもしろい 犬派ですが、猫もいいなあ… なんて笑

E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f4475657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b0147227c53 989e 4989 b044 f7d7c4e9f4225ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fBde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c347a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf
二重生活

二重生活 小池真理子

たまたま目に付いた人をひたすら尾行し記録していく—。"哲学的尾行"というその行為は、珠の日常を静かに侵食していく。 他人の秘密を覗きみるという魅力的な行為に嵌ってしまいそうになる。「自分を他者と置き換える」とはどういう事なのだろうか。ミステリアスな人に惹かれる...という現象の仕組みがわかったような気がする。

6f0bdfd0 ebd6 4cfc 9919 6ef0ee0e53aa0d7a3d40 9d2f 4a8b acd9 4ed531fb446bIcon user placeholder550562b3 4c0c 4170 b00e 8e2cd99973c8A42d469a cefa 4a61 9703 1677e55bbafc75de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d66cf3714c 88b8 40a5 aa62 302a2b27f5e8 11
記憶の隠れ家

記憶の隠れ家 小池真理子

狂おしいほどの愛はその姿を都合よく変化させてゆく。 愛の記憶を辿ったときに覗く深淵が恐ろしい。

Kiss

Kiss 小池真理子

さっぱりしてた。人間ってなんて陳腐なんだろうという一文で深く頷いた

千日のマリア

千日のマリア 小池真理子

小池作品を初めて読んだ。 もっと早く読んでおけば良かったと思わずにはいられないほどに素晴らしい作品集

墓地を見おろす家

墓地を見おろす家 小池真理子

安さにつられて買ったマンション それが始まりだった 墓地、お寺、火葬場に囲まれているという条件に 目を瞑れば 交通の便もよく 緑に囲まれていて 幼稚園も近くにあり 好条件だった やっぱり安いからといっても いろいろ調べてから決断しないと 不幸へのカウントダウンから 逃れることはできない

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a14c0edd3 6e44 4de9 819d d6953398359378690c40 ddcf 4c45 b33e 88da4337434165b1c211 f410 4b5d 88ca 625f16d90afc
沈黙のひと

沈黙のひと 小池真理子

「沈黙のひと」というこのタイトルが秀逸すぎる。 物語は絶えず静かに、そのタイトルに導かれるかのように森閑とした静けさで紡がれる。 親子の愛というこのモチーフは多いのだろうが、突飛なことが起こるわけでもないありふれた日常を扱うために書き手の力がかなり要求される。 その要求に恋愛の名手たる小池真理子がさらりと応える。 家族の在り方、親が子を思う気持ち、子が親を思う気持ちの年齢による移ろい。 生きること、死ぬこと、深い味わいをもって描かれる物語に考えさせられることは多い。

愛するということ

愛するということ 小池真理子

愛情と欲情の間で悩む女性の話。 女性と男性の違いがとてもわかり易く画かれてる。 ただ、どの登場人物にもなりたくないな。 同じ題名の本を探し、無かったのでなんとなく購入した本。 でも、読んで良かったです。

無伴奏

無伴奏 小池真理子

原作と映画を互いに補いあうようにして(「補う」と言うと語弊があるけど)読むと、より面白く感じられるかも。

夏の吐息

夏の吐息 小池真理子

最後の短編が好きだったな。私もいつかおばさんになるときに楽しく生きていますように。