山本周五郎の本

(002)絆

(002)絆 海音寺潮五郎

絆という表題通り素直なハッピーエンドばかりで逆に新鮮に感じました。 「善助と万助」 黒田家臣の古郷物語からのエピソードで、いい年したおっさんたちが殴り合いの喧嘩の末に酒呑んでハッピーエンド。 古郷物語は近代デジタルライブラリーで公開されてるけど、もっとさっくり読める紙媒体ないかな~ 「五十年後」 なんとなくバンプのEver lasting lieを思い出しました。 「山椿」 主馬がほんと出来た男だし、性善説で成り立っている幸せな世界だった

赤ひげ診療譚

赤ひげ診療譚 山本周五郎

『鶯ばか』の「生きて苦労するのは見ていられても、死ぬことは放っておけないんでしょうか」という一言が深く胸に刺さった。

68cf50e6 a041 456b 916e 9f6380044ab6151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24100a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f9202ca45f9c 2423 40ae 8733 77dde49f47bd3fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b
〆切本2

〆切本2 森鷗外

作家の〆切と家族との係わりなど、前回とはまた違った切り口で面白かったです。子母澤寛の文章に猿出てくるの、なんかの比喩かと思ったらほんとに猿飼ってた

Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a69607acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d65891d9ec1ac 5b2a 468a a812 e13c9dc1682794d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a308634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cD60e7796 4226 49b9 9645 0105401e8529 9
花匂う

花匂う 山本周五郎

人は良いものです。ドロドロしていても、そのためにたたかっていても、愛おしいと思わせてくれる作品です。

季節のない街

季節のない街 山本周五郎

黒澤明のどですかでんの原作小説。あまりに映画に同じでびっくり。 黒澤明が忠実に映像化したんだなと痛み入る。 映画が好きだった人は是非! 正直山本周五郎さんってただの時代小説の方だと舐めてました。ごめんなさい。 メチャクチャ面白かったです。

さぶ

さぶ 山本周五郎

すごい良かった。ちょっと周りを理想化してないか、とかなるんだけど、もしかしたらさぶは栄治で栄治はさぶで周りの人間も栄治なんじゃないかな。 一人の人間の感情一個一個を一つ一つの登場人物にしたみたい。

640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff014253d4 6080 4951 9119 24735184a696151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24115498c21 ba9a 4e1f b0d5 f46447b41bf206746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa62ca45f9c 2423 40ae 8733 77dde49f47bdEb4d07b4 490b 4fd6 b427 6678684c96bb 8