茨木のり子の本

永遠の詩02 茨木のり子

永遠の詩02 茨木のり子 茨木のり子

もっと早く出会っていればと後悔。 読者の頬を殴るように叱咤激励するもの、 そのままでいいんだよって優しく許容してくれるもの、 日常の何気ない煌めきを切り取って額縁に飾るようなもの。 いずれも説教臭くなくて、この人自身がダメだったり、気づいた経験から謳われているのが良い。 独特の感受性も、特に終わり方がおしゃれな表現力も素晴らしい。 好きな人が一人増えてしまった。 2018.10

うたの心に生きた人々

うたの心に生きた人々 茨木のり子

4人の詩人を茨木のり子さんが紹介。驚きの生き様が描かれています。自分も、感性に対して正直に生きることをしてもいいんじゃないかなと考えさせられました。生き方って本当はとっても自由なこと!

茨木のり子全詩集

茨木のり子全詩集 茨木のり子

今日、久しぶりに泣いた。会話の途中、電車の中で。あんな話で泣くとは自分でも思わなかった。 切りの良いところで泣くのをやめたわたし。冷静な声で話して、話題を変え、笑い、忘れたふりをした。それが大人のすることだから。 でもまだ涙が出たがってる。どうしたらいいんだろう。 布団の中で茨木のり子さんの詩を読んでいる。この気持ちを表してくれる言葉を探してる。 読んだ日 20151215 出合った場所 Snow Shoveling

歳月

歳月 茨木のり子

いのち続く限り想い深まり。 わたしのキヲクも遠い空に還って逝くのだろうか。 おもいで語るように、ともに過ごした日々を優しく包んで欲しい。

F5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f00d185b2 2d8c 4763 90f3 56166de23e152ca45f9c 2423 40ae 8733 77dde49f47bd
詩のこころを読む

詩のこころを読む 茨木のり子

僕の財産になった一冊。この本によって、茨木のり子さんと吉野弘さんを知りました。これまで詩は、難解で脈略のない言葉を使っているというイメージが先行して、じっくり味わって読む事が少なかったのですが、「感動が無ければ詩ではない」という視点で読むと、自分なりに作者の意図が見えて来る気がします。

F5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152fDb4ce21d 438a 41ed 9e9d c636bbdb736f20d86021 d8e2 4aaa 8854 b6aee27f894cIcon user placeholder78c3605c 79de 4541 96d1 294d825b62dbC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bIcon user placeholder 16