せなけいこの本

ねないこはわたし

ねないこはわたし せなけいこ

子どもたちが保育園に通っていた頃、寝る前に絵本を読む約束をしていた。 そしてその中には本書の著者、せなけいこさんの「ねないこ だれだ」や「いやだ いやだ」、「あーんあん」もあった。 本書では、そんな作品を作ったせなさんの子どもの頃の話や、絵本作成の過程などが、その独特の「貼り絵」とともに語られる。 子どもの頃「お嬢様が絶対正しい」と言ってくれるねえやと、彼女がくれた一冊の本が著者の人生を決めたこと。 息子ににんじんを好きになって欲しくて作った手作り絵本が、出版のきっかけになったこと。 落語家の夫との暮らしの中で落語の絵本ができたこと。 母の期待に応えられない苦しさや悲しみ、だからこそこの道を邁進してこれたという複雑な思い。 才能のある女性が家事や子育てに埋もれながら、子どもの泣き顔にも、反抗期にも、にんじんにも、自宅に流れる落語にも、自分の身の内にある「作り手」としての何かが発動する。 そんな姿に、これは立派にキャリアウーマンの話でもあるんだなあと感じた。

Icon user placeholder983174f9 85c8 4613 a4d3 84ea2902e0f4
ねないこだれだ

ねないこだれだ せなけいこ

暗い低い声で読んでみた。 ちょっと怖そうにしてたけど、何度も「もーいっかい」と言っていたので、お気に入りになったよう。 2回図書館で借りた 2018.4,6

Aecedbc5 4380 43cc 8146 457c3d9737569fe8e8e1 8d7c 4371 b80a 1b563b3dd7cb